Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
住宅ローン投稿 2023-11-17更新 2023-12-12

住宅ローンの10年固定金利は10年過ぎたらどうなるのでしょうか

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

女性42パート・アルバイト未婚/子供なし

相談内容:金利

【背景】10年前に3500万円の新築一軒家を購入。10年固定金利でローンを組みました。10年で払い終える予定がまだかかりそうです。 【質問】現在はローン返済8年目なのですが、10年を過ぎたら金利はどうなるのでしょうか。高くなりそうで心配です。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 張替 愛のプロフィール画像

    張替愛

    ファイナンシャルプランナー

    FP事務所マネセラ

    張替 愛張替 愛

    2023-12-12

    ご質問ありがとうございます! 10年固定金利で借りた住宅ローンの金利が、10年経つと金利が上がりそうで怖いとのことですね。 一般的には、固定期間が終わると、自動的に変動金利に移行します。 なかには、固定期間が終了するタイミングで、「再度、固定金利を選ぶ」か「変動金利にする」かなど、プランが選べる金融機関もあります。 いずれにせよ、適用される金利はその時の金利相場によって決まりますが、金利は大幅に上がってしまう可能性が高いです。 なぜなら、借入時の金利優遇幅を大きく設定している銀行が多いからです。 そのため、現在の住宅ローンの固定金利期間が終了するタイミングで、一度住宅ローンの借り換えを検討してみるのがおすすめです。 たとえば、「金利差が0.5%以上」「ローンの残り返済期間が20年」「残債が2000万円」といった条件であれば、 同じ金額・返済期間で借り換えた場合、約125万円の利息軽減効果が期待できます。 しかし、借り換えには、住宅ローンの事務手数料や、抵当権設定費用などで合計数十万の「諸費用」が必要となります。 それなので、住宅ローンの借り換えで減らせる利息の合計金額から諸費用の概算を引いて、メリットが残る場合に限り、借り換えに踏み切るのがおすすめです。 住宅ローンの固定金利期間が終了するタイミングが近づき、金利がどのくらい上がるか分かったら、住宅ローンの借り換えシミュレーションしてみてくださいね。 少しでもご参考になれば幸いです。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.