Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
クレジットカード投稿 2023-12-12更新 2023-12-12

クレジットカードの連帯保証人になった際の保証責任について知りたい

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

女性38会社員既婚/子供あり

貯金・資産:200万円

相談内容:クレジットカード

【背景】家族に黙ってクレジットカードを新たに発行したいと親しい友人に相談され、言われるがままに連帯保証人になりました。 【相談】特に気にすることなく言われたままに連帯保証人になってしまいましたが、引き受けてしまったことで自分にどのような保証責任が伴ってくるのでしょうか?

  • URLをコピー

回答一覧

  • 伊藤 亮太のプロフィール画像

    伊藤亮太

    ファイナンシャルプランナー

    伊藤亮太FP事務所

    伊藤 亮太伊藤 亮太

    2023-12-12

    ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太です。回答させていただきます。 不正利用ではないか?と疑われる場合、クレジットカード会社では利用をストップしてくれます。こうした場合には不正利用されずに済むか、もし不正利用された場合にはクレジットカード会社も気づいており補償は受けられることでしょう。そのため証明などは必要ないと思います。 一方で、クレジットカード明細からご自身で不正利用を気づいた場合には、すぐにカード会社に連絡し現在使用しているクレジットカードを止める手続きを行いましょう。時間が経過していなければ補償を受けることができます。引き落とし前であれば支払いの請求は行われません。引き落とし後の場合には、不正利用された代金の返金がされることになります。 ただし、数か月前など時間が経過している場合には補償は受けられない可能性が高いです。また、故意または重大な過失に起因する損害の場合なども補償されません。カード裏面にサイン(本人署名)がない場合も補償されませんので注意が必要です。 不正利用された場合にはクレジットカード会社に状況を説明すれば細かい証明などは求められないと思います。まずは安心して利用してください。そして、不正利用にあわないように使う場所を限定するなど対策も必要ですね。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.