Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
クレジットカード投稿 2023-10-26更新 2023-11-28

クレジットカードの適正な保持枚数

回答数回答数 2
いいね数いいね 0

女性53会社員既婚/子供なし

相談内容:クレジットカード

クレジットカードを新規で作っていたら、いつのまにか8枚にもなっていました。クレジットカードを多く持ち過ぎているとどういった問題がありますか。また、絞り込むとすれば何枚保持しているのがちょうど良い枚数なのでしょうか。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 張替 愛のプロフィール画像

    張替愛

    ファイナンシャルプランナー

    FP事務所マネセラ

    張替 愛張替 愛

    2023-11-28

    ご質問ありがとうございます。 クレジットカードが8枚まで増えて、このままで良いのかお悩みとのことですね。 クレジットカードの適正な枚数は特にありません。それぞれのカードについて明確な目的があれば、枚数が多くても特に問題はございません。 例えば、「いつも行くお店ではこのカードが割引が受けられるので便利」「いつも使っているキャッシュレス決済はこのカードでないとオートチャージができない」「メインの買い物はポイント還元率が高いこのカードを使いたい」といった理由などがありえますね。 ただ、「昔に良く行っていたお店で使うとお得だった」「新規入会キャンペーンでお得だったから作った」といった理由で枚数が増えているのであれば、クレジットカードの断捨離を行っていただくのがおすすめです。 年会費がかかるカードであれば無駄な出費になりますし、使っていないカードは万一盗難などで不正利用をされてしまっても気づきにくいので危険です。 一般的には、メインで使うカードを1枚決め、そのほかにサブカードとして1枚~3枚程所有している人が多いように見えます。 サブカードを持つ理由は、利用する店舗により使い分けるためや、特定の国際ブランド(VISAやMastercardなど)しか使えない時に備えて予備として持っている、クレジットカードの付帯サービスを受けるためなど、様々です。 ご質問者さんも、ぜひ一度お持ちのクレジットカードを1枚1枚取り出してみて、そのカードを持ち続ける「目的」を再確認してみてください。不要なカードを解約すると、お財布がスッキリしますよ! 少しでもご参考になれば幸いです。

  • 伊藤 亮太のプロフィール画像

    伊藤亮太

    ファイナンシャルプランナー

    伊藤亮太FP事務所

    伊藤 亮太伊藤 亮太

    2023-11-09

    ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太と申します。回答させていただきます。 クレジットカードを持ちすぎていても特に問題はないと思います。管理が面倒になる、使っていないクレジットカードを放置しているといった問題は出てくると思いますが、持っているからといって何か不都合になることは基本ないでしょう。 ただし、延滞などをしていないことが前提になります。もし延滞等してしまった場合には、クレジットカード更新時に更新できない、限度額が引き下げられるなどの問題が発生する可能性がありますのでご留意ください。 仮にクレジットカードの枚数を絞り込むのであれば、3~5枚にしてみてはいかがでしょうか?同じブランドのものは1枚にする、メインカードを1枚持ち、それ以外は普段使うものだけに絞る。目的があって8枚ある場合は別ですが、そうではない場合にはよく利用するクレジットカードを中心とし、ほとんど利用していないクレジットカードは解約することでスッキリすることでしょう。絞り込むかどうかはご相談者の状況次第です。今一度立ち止まり絞ってほうがよいのかどうかご検討ください。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.