Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
クレジットカード投稿 2023-12-18更新 2023-12-19

クレジットカードの不正利用について

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

男性44公務員既婚/子供あり

年収:600万円

貯金・資産:150万円

相談内容:クレジットカード

クレジット会社から「不正利用されている可能性があるので、利用状況確認させてほしい」と連絡がありました。 確認したところ実際に身に覚えのない利用が確認されました。このカードは作って1か月ほどと間もなく、お店で2、3回しか使っていません。どこから情報がもれるのでしょうか? 不正対策をしたく、ご回答頂けたら幸いです。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 張替 愛のプロフィール画像

    張替愛

    ファイナンシャルプランナー

    FP事務所マネセラ

    張替 愛張替 愛

    2023-12-19

    ご質問ありがとうございます。 カード作成からわずかひと月でそのようなご連絡があったら驚きますよね。心中お察しします。 クレジットカードはとても便利ですが、不正利用といった犯罪の標的になることがあります。 不正利用の至るまでの手口としては、次のようなケースがあります。 フィッシング詐欺:誘導された偽サイトにてカード情報をだまし取る手口 スキミング:クレジットカード情報を読み取る専用装置でカードの磁気データを読み取り、偽造カードを作る手口 なりすまし:スキを見て財布からカード情報を盗み見たりして、カード所持者本人になりすまして、カードを利用する手口 このように、必ずしも利用した回数が少なければ安全というわけではありません。 不正利用を防止するための方法としては、例えばICチップが搭載されたカードはスキミング防止に有効といわれています。 また、最近増えてきたカードナンバーが記載されていないカードは、カード番号が盗み見れないため、なりすまし防止が期待できますね。 ほかにも、盗難を防止するため、レストランやジムなどの外出先では、短時間でもお財布から離れないようにすることも大切です。 犯人はあの手この手を使って不正利用をしようと狙ってきます。 100%の確率で被害を防ぐことは難しいかもしれませんが、上記のような対策を心掛けておけば、被害と防ぐ一助になるでしょう。 少しでもご参考になれば幸いです。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.