Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
年金投稿 2022-12-12更新 2022-12-12

障碍者年金は65歳になったらどうなるか?

回答数回答数 1
いいね数いいね 0
解決解決

女性61既婚/子供あり

年収:300万円

貯金・資産:50万円

相談内容:障害年金

障碍者年金をもらっているが、65歳になったらどうなるか? 何歳までもらえますか?年齢制限はあるんでしょうか?

  • URLをコピー

回答一覧

  • 加藤 桂子のプロフィール画像

    加藤桂子

    ファイナンシャルプランナー

    ㈱ファイナンシャルファシリテーターズ

    この質問のベストアンサー
    加藤 桂子加藤 桂子

    2022-12-12

    現在障害年金受給者が65歳になった場合、等級に該当する障害状態であればそのまま障害年金を受け続けることができます。 65歳からは老齢年金を選択することも可能になりますが、障害年金と老齢年金の両方を受けることはできませんので、どちらか自分に有利な方を選択することになります。 老齢基礎年金は満額で777,800円(令和4年度)ですので、現在受け取っている障害基礎年金と比較しましょう。 障害厚生年金や老齢厚生年金の受給権のある方は、厚生年金に加入していた期間と支払った保険料によって受け取れる金額が異なりますので、65歳になる前に年金事務所にどちらが有利になるか確認に行かれるとよいでしょう。 ※遺族年金の受給権があればそちらも含めてどれが有利か比較します。老齢年金と違い、障害年金や遺族年金は非課税ですので、そのこともふまえて選択する必要があります。 また、障害年金には受給期間の年齢制限はありません。障害状態が続いていると認められる限り支給されますが、障害状態と認められなくなった場合は老齢年金を受給することになります。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.