Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ

〜ご案内〜

2024年8月19日(月)より質問・回答の投稿機能の
休止を予定しております。
ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

クレジットカード投稿 2024-07-03更新 2024-07-12

海外でのクレジットカードのレート問題

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

女性47会社員既婚/子供なし

相談内容:クレジットカード

海外に仕事に行くことが今後増えそうなのですが、その際にレートなどカード会社によって違いがあるのかどれくらい自分が損しているのかを知りたいです。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 伊藤 亮太のプロフィール画像

    伊藤亮太

    ファイナンシャルプランナー

    伊藤亮太FP事務所

    伊藤 亮太伊藤 亮太

    2024-07-12

    ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太です。回答させていただきます。 まず、海外でクレジットカードで決済する場合には、為替レートにおいては両替手数料が、この他にクレジットカードの事務手数料がかかることになります。実際には、両替手数料と事務手数料をあわせたうえで、為替レートに加算して請求されるケースが一般的です。 例えば、三井住友カードの国際ブランドごとの事務手数料は、Visaが2.20%、Mastercardが2.20%、銀聯カードが2.50%となっています。 楽天カードでは、Visaが1.63%、Mastercardが1.63%、JCBが1.60%、AMEXが2.00%となっています。 手数料が低いという視点で見た場合には、イオンカードが良いかもしれません。イオンカードでは、Visa、Mastercard、JCBともに1.60%となっています。 このように、カード発行会社や国際ブランドによって海外での利用における手数料には差があります。そのため、できるだけ低いカードで決済した方がお得といえますね。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.