Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
クレジットカード投稿 2023-10-18更新 2023-10-26

クレジットカードは何枚くらいに絞るべきか?

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

女性51パート・アルバイト既婚/子供あり

貯金・資産:300万円

相談内容:クレジットカード

クレジットカードは年会費が無料のものしか加入しないため、利用することによってマイナスになることはないのですが、普段利用しているお店や通販サイトの利用でポイント還元率がアップすると聞くと、お得感に惹かれてついつい作りたくなってしまいます。しかし、クレジットカードは枚数を絞った方が結果としてポイントが貯まりやすいとも言われているため、管理しやすい枚数に絞りたいと考えています。トラブルがあった際を想定して、別ブランドのカードを最低2枚は持っておきたいのですが、ポイントを効率的に貯めて利用するには、何枚くらいに絞るのがベストなのでしょうか?

  • URLをコピー

回答一覧

  • 伊藤 亮太のプロフィール画像

    伊藤亮太

    ファイナンシャルプランナー

    伊藤亮太FP事務所

    伊藤 亮太伊藤 亮太

    2023-10-26

    ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太と申します。回答させていただきます。 まず、クレジットカードを何枚にするかは、人により異なるため、これだと断定はできません。とはいえ、どれぐらいの枚数にすべきか?理想は3~4枚ではないでしょうか。 1枚目はメインのクレジットカードとして、2枚目はポイントなど目的に応じて作成する。その際に、クレジットカードのブランドも考慮する必要があります。JCBは国内では大方どこでも使えますが、海外では利用できない場合があります。そのため、海外旅行なども考慮に入れるのであれば、VISAやマスターカードを持っておくべきです。 そして3枚目には予備のカードとして保有する。もしメインのカードや2枚目のカードが利用限度額いっぱいで使えないといった場合や、カードブランドによって利用できなかった場合に備えて保有します。3枚あれば、何かしら決済はできると思います。念を押すなら4枚、それぞれ異なるブランドにしておいた方が良いでしょう。 このように、理想は3~4枚ですね。ポイントを的を絞って貯めていくのであれば2枚でも構いません。年会費無料のクレジットカードを中心に検討されるなら、2枚~4枚で検討されてはいかがでしょうか?

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.