Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
クレジットカード投稿 2023-11-14更新 2023-11-28

銀行残高を超える金額の引き落としやペナルティについて

回答数回答数 2
いいね数いいね 0

男性47公務員既婚/子供あり

相談内容:クレジットカード

旅行代の支払いやパソコンの購入等が重なりクレジットカードの引き落とし額が多くなって、銀行残高を超える金額になった時はどうなるのでしょうか? 現在は三井住友カードを使っており、最高額40万円です。超えるのは初めてなのですが、しばらく使えなかったりといったペナルティがあるのでしょうか?

  • URLをコピー

回答一覧

  • 大竹 麻佐子のプロフィール画像

    大竹麻佐子

    ファイナンシャルプランナー

    ゆめプランニング

    猫は好きさん、ご質問ありがとうございます。 何かと必要なものが重なることって、ありますよね。購入時に現金を持ち合わせていなくても、後払いできるのが、クレジットカードのメリットです。とは言え、支払日(引き落とし日)には、確実に決済を完了したいものです。 まず、クレジットカードの請求書を確認した時点で、支払いが難しいようであれば、利息が発生するものの、「分割払い」や「リボ払い」に変更することが可能です。支払日の○日前など変更できる期間は限られているため早急に対応すべきです。 ただし、2回払いやボーナス払いへの変更はできないことが多いです。 「分割払い」や「リボ払い」は、支払いの先送りができるため有効ですが、そのままにしておくと、利息が膨れ上がります。お金の工面ができた時点で、臨時返済で早めに完済しましょう。 支払日に残高不足で引き落としができなかった場合、翌日以降入金すれば引落しができるケース、後日振込等により支払うケースなど金融機関により異なります。その際、クレジットカード会社で支払いが確認できるまでカードの利用は停止されます。基本的に、登録住所あてにハガキ等で通知されますが、電話での問い合わせ、WEBでログインしたうえで確認することもできますので早めに対応することをおすすめします。 支払遅延が度重なると、信用情報に影響があります。ローンの申込みや新しいクレジットカードの申込み審査が通らないということも想定され、また、現在のカード利用限度額が下がる可能性があります。 クレジットとは、「信用」を意味します。信用があるからこそ、手元資金がなくても商品の購入ができること、信用を積み重ねることで利用限度額を上げるということ意識しておきたいですね。

  • 張替 愛のプロフィール画像

    張替愛

    ファイナンシャルプランナー

    FP事務所マネセラ

    張替 愛張替 愛

    2023-11-15

    ご質問ありがとうございます。 クレジットカードの引き落とし額が銀行残高を超えてしまうとわかったら焦りますよね。 すぐに次のようなことを確認して、対処しましょう。 まず、クレジットカードや公共料金などを銀行引き落としにしている場合、もしご利用代金が残高を超えてしまうと、不足金額は「自動融資」のされる機能がついている銀行であれば、自動的に銀行から「借り入れ」を行った形となり、通常通り引落としが実行されます。 自動で融資される金額の上限は、「定期預金の金額の一定範囲内」「銀行のキャッシュカードについているカードローンのご利用限度額の範囲内」など、銀行によりさまざまです。 自動で借り入れたお金は、預金口座にお金を入金することで返済できます。 こうした機能がなくて引き落としが実行されない場合は、カード会社へ連絡して、支払い方法を確認して対処する必要があります。 カード会社によって、「再度口座引き落としを実行する」「コンビニで支払う」「指定された振込先に入金する」など、さまざまです。 もしカード会社に支払わないまま放置してしまうと、クレジットカードが利用停止となったり、遅延損害金が発生する可能性があります。 また、何度も支払遅延を繰り返していると、信用情報に傷がつくペナルティが発生することもあります。もし信用情報に傷がついた形で記録されると、その情報はほかの金融機関と共有されることになります。すると、新しいクレジットカードを作るときや、カーローンや住宅ローンのに申し込んだときの審査に悪影響がでます。 そのため、クレジットカードの引き落としは、支払い遅延が発生しないように対処するのが一番です。 最善なのは、口座の引き落とし日までにほかの口座からお金を移動して、十分な残高を確保することでしょう。 もし手持ちの資金が足りない場合は、自分の銀行に自動融資機能が付いているかどうかを確認したり、お金を貸してくれる所を探して対処しましょう。 また、クレジットカードによっては、「あとから分割払いに変える」ことができることもあります。確認してみてください。 ご参考になれば幸いです。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.