Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
クレジットカード投稿 2023-10-26更新 2023-12-07

年金生活になると、クレジットカードの限度額は下がるか

回答数回答数 2
いいね数いいね 0

女性54自営業・自由業既婚/子供なし

相談内容:クレジットカード

現金を持ち歩くことに不安があり、支払いはほとんどクレジットカードによる決済をしております。 今は働いているので毎月収入がありますが、今後、年金生活になるとこのままでは収入以上カードを利用してしまうことになります。これまで滞納や遅延などは一切なくきっちり管理はできると思いますが、年金生活になると限度額が引き下げられるなど、クレジットカードが今までのように利用できなくなるのでしょうか。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 新井 智美のプロフィール画像

    新井智美

    ファイナンシャルプランナー

    トータルマネーコンサルタント

    新井 智美新井 智美

    2023-12-07

    ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの新井智美です。 ご質問について回答させていただきます。 最近はキャッシュレス決済が普及していることもあり、クレジットカードを使う人も多くおられます。クレジットカードを利用する場合、自分が選んだ返済方法による引き落とし期日までに口座にお金を用意しておく必要がありますが、相談者様はそのあたりの管理はできておられるようですので心配はないと思います。 クレジットカードの限度額については、クレジットカード会社ではなく、利用者がクレジットカード会社に申し出ることで減額できます。減額は増額と異なり審査は不要ですので、もし今後の使いすぎを不安に感じるなら、クレジットカード会社に申請し、限度額を下げてもらってもいいかもしれません。 もちろんこれまでどおり管理できるのであれば、そのままにしておいても問題はないでしょう。ただし、これまでよりも利用額が減ると、クレジットカード会社の判断によって翌年の限度額が減る可能性は否定できません。 また、保有しているクレジットカードが多いと管理も大変になりますので、普段利用していないクレジットカードは解約するなど、整理することも考えてみてください。

  • 伊藤 亮太のプロフィール画像

    伊藤亮太

    ファイナンシャルプランナー

    伊藤亮太FP事務所

    伊藤 亮太伊藤 亮太

    2023-10-29

    ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太と申します。回答させていただきます。 まず、こちらから何も言わなければ限度額は下がらない可能性があります。とはいえ、利用金額を減らしていくと、その利用額に応じて更新時に限度額が下がる可能性もあります。 そのため、年金生活者になっても、資産がある程度あり、利用限度額もこれまで同様といった場合には、さほどクレジットカードの限度額は気にされなくてもよろしいのではないでしょうか。もし、資産がそこまでなく、収入以上にカードを利用することになると、後々困ることになりかねません。計画的に利用しつつ、少しずつ利用限度額を減らしていき、無理のない生活をされることがよろしいのではないでしょうか。 そして、クレジットカードも本当に利用するものだけ使い、残りは解約するといったことも検討されると良いでしょう。今は利用限度額をそのまま活用したいということですが、後々今のようには利用しなくなっていくと思います。その場合には、複数のクレジットカードをお持ちであれば、解約等も検討し、身の丈に合ったカードの使い方を考えていかれたほうがよろしいと思います。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.