Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
クレジットカード投稿 2023-10-16更新 2023-10-23

法人用クレジットカードは個人事業主でも必要?

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

女性45自営業・自由業既婚/子供あり

年収:700万円

相談内容:クレジットカード

個人事業主です。事業用の備品やクラウドサービスの引き落としなどはプライベート用のクレジットカードを使っているのですが、事業用の支払いが増えてきたため法人用クレジットカードを作ったほうが良いのか迷っています。法人用クレジットカードを作るメリットとデメリットを教えて頂ければ幸いです。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 伊藤 亮太のプロフィール画像

    伊藤亮太

    ファイナンシャルプランナー

    伊藤亮太FP事務所

    伊藤 亮太伊藤 亮太

    2023-10-23

    ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太と申します。回答させていただきます。 まず、プライベート用と事業用をわけることができるのであれば、個人のクレジットカードを利用していくのでも問題ないと思います。そのうえで、以下のメリット、デメリットを確認し、法人用のクレジットカードをつくったほうがよいのかどうか、ご検討ください。 法人用のクレジットカードのメリットは、すべて事業用に使うという認識ができること。そのため、明細を見れば何に使ったかが一目瞭然であり、経費の計算上も楽になります。個人用とごっちゃになると、経費精算上面倒となるため、こうした手間が省けるメリットがあります。 また、法人用のクレジットカードの場合、利用限度額が大きく設定される可能性があり、いつ何時必要になっても決済ができるであろうメリットもあります。個人用で限度額が小さいとなかなか使いづらい点がありますが、その点を解消できることでしょう。 一方でデメリットもあります。例えば、法人用のクレジットカードすべてに言えるわけではないものの、年会費がかかる可能性があること。余分なコストがかかる可能性があります。また、クレジットカードの審査時に個人事業の内容など問われる可能性があり、審査が厳しくなる可能性があります。 こうした点から見て、個人用のままの方が良いのか、法人用にすべきか、しっかりご検討ください。ご相談者の年収から見て、法人用(事業用)のクレジットカードを持っておいても損はないかと思います。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.