Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
クレジットカード投稿 2023-10-24更新 2024-02-16

見直しても固定費を削ることができない人のクレカ利用管理方法を教えてください

回答数回答数 2
いいね数いいね 1

女性25専業主婦・主夫既婚/子供あり

相談内容:クレジットカード

クレジットカードやキャッシュレス決済にすることで、目に見えない形でお金が減っていったり、月を跨いだ出費になると計算ができなくなり、今月いくらくらい使っているのかがわからず、毎月の支出が収入以上になってしまいます。 固定費を見直すこともしましたが、やぱりどんなに見直しても収入以下に減らすことはできません。固定費だけで収入以上になる場合、これ以上どうしたらよいのでしょうか。そういったクレジットカードの利用管理ができる方法などアドバイス頂けたらうれしいです。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 張替 愛のプロフィール画像

    張替愛

    ファイナンシャルプランナー

    FP事務所マネセラ

    張替 愛張替 愛

    2024-02-16

    モンスターズインキさん、こんにちは。 クレジットカードの利用額を把握できないことでお悩みですね。 クレジットカードの利用額が管理できない場合は、日々の支払いにはクレジットカードを使わないようにするのがおすすめです。 現金払いだけに絞っても良いですし、現金の管理が手間であれば、チャージ式の決済方法(QRコード決済や交通系ICカードなど)を使うようにしましょう。「毎月生活費として一定額をチャージする」などと決め、ルールで決めた以上のお金を追加でチャージしないようにすれば、確実に決めた範囲内でお金の支払いを抑えることができます。 ただ、現状は、固定費だけで収入以上の支出額になっているとの状況ですね。お子様が生まれた直後で働くのが難しい場合などは、一時的に赤字となってしまうご家庭も少なくありません。おひとりの収入だけで家族全員分の生活費を稼ぐのは、簡単なことではないからです。 現在の世帯収入があまり多くない場合は、支出の見直しやクレジットカードの利用方法を改善しても、家計を黒字にできない可能性があります。その場合、大変だと思いますが、モンスターズインキさんも働いて収入を増やすことを考えてみましょう。 または、「親と同居して住居費などを大幅に削減する」といった方法で乗り切れるかもしれません。 私自身も20代前半で子どもを出産したので、ご苦労はお察しします。 収入や貯金がまだ多くない若い時に出産するとお金のやりくりが大変ですが、子どもが早く独立する分、老後資金はゆとりを持って貯められるといったメリットもあります。 子育てを楽しみつつ、お金の心配もせずに暮らせるように、ぜひ思い切った対策を取ることを考えてみてください。おひとりでは決められないという場合は、いつでもご相談にお越しください。 少しでもご参考になれば幸いです。

  • 伊藤 亮太のプロフィール画像

    伊藤亮太

    ファイナンシャルプランナー

    伊藤亮太FP事務所

    伊藤 亮太伊藤 亮太

    2023-10-27

    ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太と申します。回答させていただきます。 固定費だけで収入以上になるというのは、何か使いすぎている部分があるということです。家賃なのか、保険料なのか?ご自身で思い当たる側面はありませんか? 仮に家賃が高いのであれば、低いところに引っ越す。親と一緒に住む。保険料が高いのであれば、保険の見直しを行う。携帯電話料金が高いのであれば、格安携帯に見直す。固定費とはいえ削ることができるものはあると思います。そこをまず見直しましょう。 次に、収入を増やす手段を検討します。副業を行う、転職するなど方法はいくつかあると思います。収入を増やせば負担は軽くなるはずです。子供がいるから専業主婦というのは仕方がない面もあると思いますが、少しは働くことも検討してみてはいかがでしょう。 そして、クレジットカードなどの後払い方法は使わない。計画的な管理ができない方は利用すべきではありません。この3点を見直してみてはいかがでしょうか?固定費が収入以上という方はほとんどいません。皆さんそれなりにやりくりされています。節約も心がけながら、現状からの脱出をはかりましょう。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.