看護師転職でよくある失敗を防ぐには?失敗談や転職成功のコツを解説!

ナビナビ
転職

2022-06-08

吹き出し

看護師転職で失敗をくり返している…

看護師 吹き出し

転職後に後悔したくない!

看護師で転職を考えている人は、できれば失敗したくないと思いますよね。

しかし実際のところ、転職後に「こんなはずではなかった…」と後悔して転職をくり返す看護師もいます。

この記事では、看護師の転職失敗談や、転職がうまくいかない看護師の特徴、転職に失敗しないコツをご紹介します

失敗しない看護師転職の方法を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\看護師転職サイトおすすめ3選/
看護roo!ナース人材バンク看護のお仕事

kangoroo

公開求人数
約60,000件

nursejinzaibank

公開求人数
約43,000件

kangonooshigoto

公開求人数
約50,000件(常勤のみ)

※参考|公式サイトより(2022年1月時点)
ダシルヴァ石田牧子さん
ダシルヴァ石田牧子さん

バイリンガル看護師

米国と日本で免許を持つバイリンガル看護師。外国人診療の看護師、医療英語の大学教員、精神保健分野の研究員など、多分野での勤務経験がある。2021年にフリーランス・ナースとして独立し、コンサルティング、ライティング、講師、医療翻訳などの仕事に従事。順天堂大学医学部大学院および国際教養学部で医療コミュニケーション分野のゲスト講師を務める。看護師として「子育てしながら在宅でパラレルキャリアを積む」ことに挑戦中の2児のママ。

目次

【看護師の転職失敗談】転職がうまくいかない8つの事例を紹介!

看護師は、慢性的に人手不足で求人数が多いため、比較的転職しやすい職業といえます。

しかし、せっかく転職しても、「失敗した…」と後悔する人も少なくありません。

ここでは、看護師転職の失敗談を8つご紹介します。

失敗談1.聞いていた条件と違った

看護roo! の口コミ

28歳/看護師

面接時に聞いていた条件と違っていた

同じ病院で長く勤めたいと思っているのですが、転職を繰り返しても長続きしません。
人間関係でのストレスが転職理由のほとんどですが、
面接時に聞いていた条件と違っていた、異常に残業が多かったなど、
いろいろな理由がありました。

(引用:お悩み掲示板|看護roo!

「転職先の労働条件が聞いていた情報と違っていた」という口コミです。

「残業が少ないと聞いていたのに実際は多かった」など、入職前に聞いていた内容と違う場合、転職後につらくなってしまうこともあるでしょう。

転職後に後悔しないためには、看護師転職サイトのアドバイザーから応募先の内部事情を教えてもらい、慎重に検討することが重要です。

看護師転職サイトでは、専任のキャリアアドバイザーが転職先の環境や雰囲気を教えてくれるので、ぜひ活用してみてください。

失敗談2.看護体制・職場環境が劣悪

看護roo! の口コミ

看護師

知識ややり方が古すぎる

とても古い病院で、昔で言う老人病院のような所で、知識ややり方もかなり古く戸惑っています。

まず、感染管理がめちゃくちゃです。(中略)そしてケアもかなり雑です
機能別看護で、それぞれ仕事が割り振りあてられているのですが、みな声かけもせず、言葉遣いも乱暴です。

(引用:お悩み掲示板|看護roo!

「転職先の看護体制や職場環境が酷すぎる」という口コミです。

求人票だけでは実際の職場環境まではわからないので、実際に職場見学をして情報を集めるのがおすすめです。

また、口コミサイトでは実際に働いている看護師の声をチェックできるので、積極的に活用していきましょう。

監修者

提供する医療の質、スタッフのスキルレベル、職場文化などは、施設によって大きく異なります。
職場見学に参加したり、転職サイトのアドバイザーに口コミを聞いたりして、できる限り情報を集めましょう。

本記事「転職先の情報収集は入念に」では、看護師専門の口コミサイト「ナスコミ」について詳しくご紹介しているので参考にしてください。

失敗談3.人間関係が合わなかった

看護roo! の口コミ

看護師

人間関係が合わない

相談した時に答えてはくれても
裏で「自分で考えろよ」と聞こえるように陰口を言われたり
新人ということもあり注視されるのは分かりますが
抜け落ちたことに対してひどい咎められ方をして
人間関係的に続けていく自信がありません

(引用:お悩み掲示板|看護roo!

求人票だけではわからない人間関係や職場の雰囲気などの情報は、転職サイトを利用して集めるのがおすすめです。

看護師転職サイトでは、専任のキャリアアドバイザーが転職先の環境や雰囲気を教えてくれます。

「人間関係が良好なのか」「職場の雰囲気はどうか」を見極めるためにも、転職サイトを利用してみましょう。

記事後半の「転職失敗しないために利用したい看護師転職サイト」では、看護師に人気の転職サイトをご紹介しているので、ぜひ活用して転職先の内部事情を入手してください。

失敗談4.焦って転職先を決めてしまった

焦って転職先を決めてしまうと、「希望した仕事内容と違った」と後悔する可能性があります。

たとえば、「給料が高いことを理由に転職したものの、仕事内容が合わなかった」というケースは良くあります。

事前に情報収集をして、いくつかの求人を比較検討してから応募先を決定するのがおすすめです。

そのためには、焦らずにある程度の時間的な余裕が必要です。

看護師の転職活動は3ヶ月程度の期間を想定して、余裕をもって進めるようにしましょう。

失敗談5.職場環境が不衛生

看護roo! の口コミ

看護師

転職先の病院の清潔感が皆無

今月転職をしましたが病院が古すぎて嫌になってます。職員ロッカーが日当たりが悪く夏場はカビが生えると聞きました。病室も精神科なのでかなり臭いが凄いです。これは病院として大丈夫なのでしょうか?
仕事内容も人間関係はとても良いのですが清潔感が皆無です。

(引用:お悩み掲示板|看護roo!

職場環境が不衛生だと、仕事に対する意欲が下がり、本来の業務に集中できないでしょう。

実際の職場環境がどのような状態かは、事前に職場見学したり口コミサイトをチェックしたりして確認するのがおすすめです。

職場見学を断られることは滅多にないので、断られた場合は職場環境が悪い可能性があります。

職場見学の申し込みや日程調整などは、転職サイトのキャリアアドバイザーが代行してくれるので、相談してみてください。

失敗談6.仕事内容や考え方が合わない

看護roo! の口コミ

看護師

前の職場とのギャップが大きい

今月から新しい職場に転職しました。
転職先はPNSを導入しており、夜勤帯もPNSで動いています。

ですが、私とペアになる人は自分で業務をやりたがるためミキシングやルート確保、記録など全て自分でしてしまいます。また、私の行動や考え方などを細かく知りたがり、一緒に全ての行動をしなきゃ駄目と先日言われました。

PNSを導入している病院は、どこもそのようなものなのでしょうか?

前の職場みたいに仕事をしている実感が少なく戸惑っています。

(引用:お悩み掲示板|看護roo!

職場ごとに仕事の進め方や考え方に違いがあるので、転職先でギャップを感じてしまう可能性があります

転職後にやりにくさを感じたり、「こんなはずではなかった…」と後悔したりしないためにも、施設の方針を理解したうえで応募するようにしましょう。

監修者

特に小規模のクリニックは、院長や上司の個人的な方針が業務に反映されやすく、「考え方が合わない」という場合に、自分で解決するのは困難です。
職場見学したり、面接時にも質問したりして、クリニックの方針や職場文化が自分に合うかどうかも確認しましょう。

失敗談7.職場の育成体制が整っていない

看護roo! の口コミ

看護師

フォロー体制が整っていない

6年勤めた病院を結婚を期に退職し、人材会社を通して新しい慢性期の病院に転職しました...が、見事に失敗しました。

入職初日に、訳もわからないまま回診介助に入らされ、2日目に一応さらっと外回りの内容説明され、ほぼ放置で外回り業務を任され今3日目です。胃瘻介助も今日急に行いました。当然フォローなし。近々、リーダー業務もやるそうです。

色々業務の質問して確認したりしていましたが、限界です。

(引用:お悩み掲示板|看護roo!

「転職先で誰もフォローしてくれない」という口コミが見られました。

フォロー体制が整っていない施設で働くのは不安が大きく、転職したばかりなら尚更つらいでしょう。

転職に失敗しないためにも、育成体制やフォロー体制について、事前に確認しておくことが重要です。

失敗談8.職場の雰囲気が合わない

看護roo! の口コミ

看護師

職場の雰囲気・業務内容にギャップを感じる

美容外科に就職しましたが、20代ばかりの職場の雰囲気、業務内容のギャップを感じ退職検討してます。

何か聞いても忙しすぎてちょっと待ってと言われそのまま。ずっと放置されてます。病院なら何かしら仕事があるのですが、入客できないと何も出来ません。

(引用:お悩み掲示板|看護roo!

若い世代が多い職場は、活気があって良い面もありますが、雰囲気が合わない場合もあります。

いざ入職してもなかなか職場に馴染めないと、「転職に失敗したな…」と感じてしまうでしょう。

美容外科などの若い看護師が比較的多い職場への転職を検討する場合、雰囲気が合うかどうかもチェックしましょう。

看護師が転職に失敗する3つの原因

看護師が転職に失敗する3つの原因

転職するとき、情報収集が不十分だったり焦って転職したりしてしまうと、失敗に終わってしまう可能性があります。

ここでは、看護師が転職に失敗する3つの原因を紹介しています。

「転職を成功させたい」「長く働ける職場に転職したい」という人は、ぜひチェックしてみてください。

転職する目的があいまい

転職に失敗する原因の一つは、転職する目的が定まっていないことです。

転職する目的があいまいだと、条件の良い求人ばかりに目が行ってしまい、結果的に希望条件に合わない転職先を選ぶ可能性があります。

転職の目的によって転職先に求める条件は異なるので、何のために転職するのかをしっかり把握しておきましょう。

目的を明確にする方法は「転職失敗ばかりくり返す看護師が気を付けるべき3つの注意点」で紹介しているので、参考にしてみてください。

給与などの条件を事前に確認していない

事前に給与などの条件をしっかり確認しないと、転職に失敗してしまう可能性があります。

「求人票と実際の条件が違った」というケースもあるので、口コミサイトや転職サイトを活用して事前に情報収集しておきましょう。

転職サイトでは、キャリアアドバイザーが希望条件を丁寧にヒアリングしたうえで求人を紹介してくれます。

ミスマッチを防ぐためにも、転職サイトの利用がおすすめです。

職場の雰囲気を確認していない

職場の雰囲気を確認せずに転職を決めてしまうことも、失敗の原因の一つです。

公式サイトや転職サイトを見ているだけでは、職場の雰囲気まではわからないことが多いです。

そのため、転職後に「職場の人間関係が悪くて居心地が悪い」「雰囲気が合わないから辞めたい」と感じてしまう場合があります。

事前に職場の雰囲気を確認するには、以下の2つの方法を試してみてください。

  • 転職サイトのキャリアアドバイザーに内部事情を教えてもらう
  • 職場見学して自分の目で確認する

転職サイトは施設の内部情報に詳しいので、応募先の社風や職場の雰囲気などを詳細に教えてくれます。

事前にしっかりと職場の内情を確認して、雰囲気が自分に合うか判断しましょう。

看護師が転職に失敗しないためのコツ

看護師が転職に失敗しないためのコツ

看護師のなかには、転職の失敗をくり返してしまう人もいます。

ここでは、転職失敗をくり返す看護師が気をつけるべき3つの注意点をご紹介しています。

転職前に自己分析をする

自己分析は、看護師が転職するうえで重要です。

自己分析が不十分だと、転職先とのミスマッチが起こり、「転職に失敗した」と感じる要因となります。

自己分析は、以下のような手順で進めてみてください。

自己分析の進め方

  • やりたいこと・やりたくないこと、長所・短所などを紙に書き出す
  • 現職の良いところ・悪いところを書き出す
  • 仕事をするうえで大切にしたいこと・プライベートで大切にしたいことを書き出す
  • 書き出した内容をもとに、どんな転職先を選ぶべきか検討する

自己分析をすれば、転職先に求める条件がはっきりします。

自己分析がうまくいかない場合は、看護師転職サイトのキャリアアドバイザーに相談するのがおすすめです。

転職失敗しないために利用したい看護師転職サイト」では、おすすめの転職サイトをご紹介しているので、参考にしてみてください。

転職の条件に優先順位を付ける

転職を決断したら、転職の目的をはっきりさせることは必須です。

ただし、転職の条件に優先順位を付けなければ、転職の目的を達成させることはできません。

優先すべき条件が明らかになることで、転職先を選ぶ際の基準がはっきりするでしょう。

転職する目的転職先に求める条件
転職してプライベートの時間を確保したい!
  • 夜勤がないまたは少ない仕事
  • 労働時間が決まっている
  • 残業があまりない
転職してキャリアアップしたい!
  • 最新の知識や技術を得られる仕事
  • キャリアアップの制度が整っている
  • 評価制度が分かりやすい
転職してストレスの少ない仕事がしたい!
  • 高度なスキルを必要としない仕事
  • 職場の人間関係が良好な職場
  • ハラスメントのない職場

給与や待遇などに左右されずに転職先を検討するためにも、優先順位を明確にしておきましょう。

口コミサイトで転職先のリサーチをする

求人サイトの応募情報だけでは、職場の雰囲気や労働環境を把握することは困難です。

ブラックな病院に転職して後悔することを避けるためにも、ツイッターや口コミサイトを活用して転職先について事前に調べておきましょう。

看護師専門の口コミサイトなら、「ナスコミ」がおすすめです。

ナスコミ
(引用元
ナスコミ

ナスコミは、看護師のリアルな口コミを検索できるサイトです。

ただし、口コミは看護師の主観的な意見なので、客観的な意見を知りたい人は転職サイトを活用しましょう。

無料で利用できるので、以下より気軽に登録してみてください。

複数の求人を比較する

一つの施設から内定をもらっても、すぐに返事をする必要はありません。

複数の転職先候補から内定をもらった後で、交渉しながら比較検討して、より良い条件の施設を選ぶことも可能です。

ただし、自分で交渉することは難しい場合もあるので、転職サイトを利用するのがおすすめです。

転職サイトでは、転職のプロであるキャリアアドバイザーが転職先との条件交渉を代行してくれます。

そのため、より希望条件に合った職場へ転職できる可能性が高まるでしょう。

複数の転職サイトを活用する

看護師転職サイトを利用する際は、複数のサイトを併用するのがおすすめです。

複数のサイトを利用することで、もれなく求人情報を集められる・複数のアドバイザーからアドバイスしてもらえるというメリットがあります。

後悔しない転職をするための秘訣

活用する転職サイトが多すぎると情報のやりとりが煩雑になってしまうため、転職サイトは2〜3社に登録すると良いでしょう。

転職失敗しないために利用したい看護師転職サイト

転職失敗しないために利用したい看護師転職サイト

看護師の転職で失敗しないためにも、転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトでは、求人の紹介や転職相談・面接対策など転職に関するサポートを無料で受けられます。

看護師におすすめの転職サイトを3つピックアップしたので、まずは以下の転職サイトに登録してみましょう。

【おすすめ看護師転職サイト3選】

転職サイト名公開求人数対応エリア
看護roo!
約6万件

全国
ナース人材バンク
約4.3件

全国
看護のお仕事
約13万件

全国

※2022年5月時点

どれか1社を選ぶなら、求人数・サポート共に充実している「看護roo!」がおすすめです。

しかし、サポートの充実度は担当者の良し悪しにも左右されるため、「このサイトを使えば安心」と言い切れるサイトはありません。

相性の良い担当者を見極められるように、転職サイトは2〜3社まとめて登録しておくことをおすすめします。

複数の転職サイトを併用すれば、求人の選択肢が増え、複数の担当者からアドバイスをもらえるので、転職の成功率を高められます。

また、質の悪い担当者に当たってしまった場合、すぐに別のサイトに切り替えれば良いので、失敗のリスクも減らせるでしょう。

どのサイトも3分ほどで登録が完了するので、気になっているサイトがあれば気軽に利用してみてください。

手厚いサポートを受けたいなら「看護roo!」

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』
(参考
看護roo!

看護のお仕事

  • 入職までのサポートが手厚い(面接対策・応募書類の添削・条件交渉)
  • 「利用者満足度」は96%以上!
  • 職場の内部事情にも詳しい

看護roo!』は、看護師転職では定番といえるほど人気の転職サイトです。

未経験やブランクがある人でも応募できる求人が約34,000件(2022年5月時点)掲載されています。

面接対策や書類添削などのサポートを受けられ、転職目的に合わせたアドバイスももらえます。

また、「看護roo!」は登録者限定で「転職ガイドブック」を配布しているため、看護師転職のノウハウを学べるでしょう。

「看護roo!」は看護師の転職に欠かせないサイトなので、優先的に登録しておくことをおすすめします。

看護roo!|基本情報

運営会社株式会社クイック
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

看護師登録者数No.1「ナース人材バンク」

ナース人材バンクの特徴・強み

  • 看護師登録者数No.1※株式会社エス・エム・エス調べ
  • 老舗の看護師転職サイトだからこその安心感
  • 美容クリニックの高給与求人も豊富

ナース人材バンク』は、年間10万人以上の看護師が利用している「看護師登録者数No.1」の人気転職サイトです

美容クリニックの求人も豊富なので、病院以外の施設を探している人にもおすすめです。

また、サイト内では人気のある求人の特集が組まれており、求人の特徴などを把握することができます。

ナース人材バンク
(引用元
ナース人材バンク

給与が高い求人も豊富なので、年収アップを目指しているなら、ナース人材バンクを利用してみてください。

ナース人材バンク|基本情報

運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数約4.3万件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年4月時点)

担当者の対応・交渉力・紹介案件の質No.1「看護のお仕事」

看護のお仕事
(参考
看護のお仕事

看護のお仕事の特徴・強み

  • 保有する求人数が業界トップクラス
  • 職場インタビューが求人に掲載されている
  • 施設や病院の雰囲気が詳しくわかる

看護のお仕事』は、業界トップクラスの求人数を誇る看護師向け転職サイトです。

看護のお仕事では年間4,000回以上の職場訪問を行っているため、病院や施設ごとの「医療方針」や「職場の雰囲気」などを確認できます。

求人ページには求人ごとのおすすめポイントや、実際に働いているスタッフの声なども紹介されているため、応募前に職場のイメージをつかむことができるでしょう。

応募先をなかなか決められない人や、職場の雰囲気を事前に知りたい人にはおすすめのサービスです。

また、面接日の調整・条件交渉など、求職者が負担に感じるやりとりをキャリアアドバイザーが代行してくれます。

手厚いサポートを受けながら転職活動を進めたい人は、ぜひ看護のお仕事を活用してみてください。

看護のお仕事|基本情報

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数約50,000件(常勤のみ)
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

転職で失敗したくない看護師の気になる疑問を解決!

転職で失敗したくない看護師の気になる疑問を解決!

転職で失敗したくない人は、看護師の転職でよくある疑問を確認しておきましょう。

疑問をすっきり解決してから転職活動を始められるように、以下の3つのポイントを確認してみてください。

良い病院・悪い病院を見分けるポイントは?

良い病院か悪い病院かを見分けるためには、以下のポイントを確認しましょう。

悪い病院を見分けるポイント

  • 求人情報が頻繁に出ている
    →慢性的な人手不足・労働環境が悪い可能性がある
  • 面接では施設の説明しかされない
    →誰でも良いからとりあえず雇う病院の可能性がある
  • 提示された条件と内定後の条件が違う
    →都合の悪い条件が入職後に出てくる可能性がある

求人が頻繁に出ている・採用を前提とした面接を行っている施設は、慢性的な人手不足の可能性があります。

人手不足の施設は、看護師一人当たりの負担が大きかったり、労働環境が悪かったりするため、離職率が高い病院だと考えられるでしょう。

また、選考途中で当初と違う条件を提示された場合、今後さらに都合の悪い条件が出てくる可能性も考えられるので、内定辞退も含めて慎重に検討してください。

監修者

面接時は求人情報ではわからない情報を得るチャンス。
転職者へのフォロー体制、職場文化、実際の勤務体制など、気になることがあれば遠慮せずに質問しましょう。
採用側もミスマッチを防ぎたいので、健全な施設であれば質問は歓迎されます。

どうやって現職を円満退職するの?

退職時期を間違えたり、退職願に不備があったりすると、スムーズに退職できない可能性があります。

円満退職するためには、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

円満退職のポイント

  • 退職1ヶ月前には意思表示をする
  • 最後まで仕事を全うする
  • 転職サイトのアドバイザーからアドバイスをもらう

退職の意思表示は、なるべく早めに伝えることが大切です。

引継ぎや人員の補充には時間が必要なので、遅くとも退職の1ヶ月前までには伝えるようにしましょう。

施設によっては退職を申し出る期限が定められていることもあるので、事前に就業規則を確認しておくと安心です。

また、退職日に気持ちよく送り出してもらうためにも、最後まで仕事を全うするようにしましょう。

転職サイトでは、現職の退職についてもサポートしてもらえるので、円満退職したい人はキャリアアドバイザーに相談してみてください。

退職理由の上手な伝え方がわからない人は、以下の記事を参考にしてみてください。

病院以外で看護師におすすめの転職先は?

病院以外で看護師の資格を活かせるおすすめの職場は以下のとおりです。

病院以外の職場おすすめのポイント
訪問看護
  • 夜勤がないのでプライベートの時間を作りやすい
  • 仕事に対して給与が高いステーションが多い
  • 一人の患者さんを丁寧に看護できる
保育園
  • カレンダー通りに休みが取れる
  • 年収が高い
  • 子供と触れ合いながら仕事ができる
一般企業
  • 高度な医療知識は求められない
  • 土日に休みが取れる
  • 看護業界から離れられる

上記以外にも、検診センターやクリニックなど、看護師資格を活かせる仕事はたくさんあります。

以下の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

まとめ

看護師は比較的転職しやすい職業ですが、転職後に「失敗した…」と後悔している看護師は少なくありません。

転職失敗をくり返してしまう看護師は、以下の3つの点に気をつけてみてください。

転職失敗ばかりくり返す看護師が気を付けるべき3つの注意点

  • 転職前に自己分析をする
  • 転職の目的をはっきりさせる
  • 転職の条件に優先順位を付ける

また、以下のコツを押さえて転職活動することで、転職失敗の確率を下げられるでしょう。

看護師転職に失敗しないための3つのコツ

  • 転職先の情報収集は入念に
  • 複数の求人を比較する
  • 複数の転職サイトを活用する

転職サイトを利用する際は、複数の転職サイトの併用がおすすめです。

複数の転職サイトを併用することで、より多くの求人情報を得られたり、複数のアドバイザーの意見を聞くことができます。

看護師転職で失敗しないためにも、以下の転職サイトの利用がおすすめです。

【おすすめ看護師転職サイト3選】

転職サイト名公開求人数対応エリア
看護roo!
約6万件

全国
ナース人材バンク
約4.3万件

全国
看護のお仕事
約13万件

全国

※2022年5月時点

転職に失敗しないためのコツを押さえて、理想の職場への転職を成功させましょう!

監修者

看護師は転職に有利な職業ですが、気軽に転職できる分、転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔する方も多いです。
転職の目的を明確にして、具体的な希望条件と優先順位を洗い出すと、自分に合った求人を見分けやすくなります。
求人情報では得られない転職先との「相性」に関する情報は、職場見学や口コミ、面接時の質問などで補い、転職の失敗を防ぎましょう。

関連記事