高時給の派遣薬剤師にはデメリットも多い!?失敗しにくい求人の探し方とは

ナビナビ
転職

2022-06-22

働き方の自由度が高く、高時給の求人も多い派遣薬剤師。

良い面ばかりが目につくことも多いですが、「デメリットもあるのでは?」と疑問に感じている方もいると思います。

実際に、派遣薬剤師の働き方には忙しい職場が多い・キャリアアップしにくいなど、デメリットや留意点があるので、事前にしっかりと把握しておくことが大切です。

そこで本記事では、派遣薬剤師のデメリットとその対処法について解説します。

本記事を読めば、「派遣薬剤師の働き方」が自分に合っているのか判断できるでしょう。

目次

年収が低い?押さえておくべき派遣薬剤師のデメリット

高時給の案件も多く、メリットも多い派遣薬剤師ですが、当然「デメリット」も存在します。

入職後に「こんなはずじゃなかった…」と、後悔しないためには、デメリットもしっかりと把握しておくことが大切です。

そこでここでは、派遣薬剤師として働く前に押さえておくべきデメリットについて解説します。

派遣薬剤師のデメリット

※派遣薬剤師には「高時給の求人が多い」「働き方の自由度が高い」といったメリットがあります。

派遣薬剤師のメリットについては、「派遣薬剤師の働き方とは?5つのメリット・デメリットと向いている人を解説」にて解説しているので、ぜひあわせてご覧ください。

デメリット1.忙しい職場が多い

まず、派遣薬剤師の場合、「忙しい職場が多い」ということを把握しておく必要があります。

派遣薬剤師を募集する背景には、「仕事量が多くて人手が足りない」「欠員が出て人を補充したい」など、人手不足という切実な事情を抱えていることが多いためです。

よくあるケースとしては、「感染症が流行している」「調剤業務などが煩雑になっている」といった状況が挙げられます。

なお、派遣先の忙しさを把握するには、薬剤師人数や平均処方箋枚数などがヒントになります。

個人差はありますが、1日の処方箋枚数が一人当たり30枚以上になると「忙しい」と感じるケースが多いようです。

また、派遣には「即戦力」が求められるうえ、人手不足の現場ではフォローが行き届かないことも多いので、高いスキルが必須です。

派遣薬剤師を募集している場合、忙しい職場が多いということを把握しておきましょう。

デメリット2.正社員より年収が低くなる場合もある

派遣薬剤師は時給が高いケースが多く「正社員より稼げるのでは?」と感じるかもしれませんが、正社員より年収が低くなることも少なくありません。

派遣薬剤師は基本的に時給制であるため、稼働日数が少なかったり、次の派遣先がスムーズに見つからない場合は、年収が低くなります

また、ボーナスがもらえないという点も、年収が低くなる原因の1つです。

以下に派遣薬剤師の年収をシミュレーションしているので、参考にしてみてください。

【派遣薬剤師|年収のシミュレーション】

8時間のフルタイム・週5日
時給2,500円の場合
(2,500円×8時間)×5日×4(1ヶ月4週と仮定)×12ヶ月=480万円
8時間のフルタイム・週3日
時給2,500円の場合
(2,500円×8時間)×3日×4(1ヶ月4週と仮定)×12ヶ月=288万円

フルタイムで勤務し、勤務日数が多ければ年収は高くなりますが、必ずしも希望時給・条件にマッチして週5日働ける案件が見つかるとは限りません。

条件に合う求人が見つからず、勤務日数や勤務時間が少なければ、当然年収は低くなってしまいます。

たとえ時給換算して高年収であっても、実際には正社員より低くなる可能性もあることを把握しておきましょう。

デメリット3.安定性に欠ける

派遣薬剤師は、正社員と比較し、雇用が不安定というデメリットがあります。

派遣は、そもそも期間を定めて働くという雇用形態です。

1年以上同じ派遣先で働くケースもありますが、労働者派遣法では「派遣社員として同じ事業所で働けるのは原則3年まで」と決められています。(参考:派遣で働く皆様へ|厚生労働省

また、次の派遣先がスムーズに決まるとは限らないため、仕事が途切れる可能性もあります

「派遣会社から次の職場をなかなか紹介してもらえない」と悩むケースも少なくありません。

派遣薬剤師として勤務する場合、終身雇用ではないため、仕事が途切れて安定性に欠けるデメリットがあることを考慮しましょう。

デメリット4.短期間で勤務先が変わる

派遣薬剤師は原則同じ職場で働けず、短期間で勤務先が変わることになります。

そのため、新しい職場に派遣になるたびに、1から人間関係を構築しなければなりません。

ようやく職場の同僚や患者さんとの信頼関係ができ始めた頃に、別の職場に異動することも多いです。

同じ職場で長く落ち着いて働きたい方には、派遣以外の働き方の方が向いているでしょう。

派遣先で働き続けたい場合は…

どうしても同じ職場で働き続けたいと思う場合は、派遣薬剤師から正社員やパート薬剤師に転向するのも1つの方法です。

まずは派遣先で求人を募集していないかを確認してみましょう。

デメリット5.キャリアアップが難しい

単発派遣は、キャリアとして認められにくいというデメリットがあります。

キャリアアップするためには、勤務年数やそれに伴うスキルの評価が重要ですが、期間に制限のある派遣薬剤師は、業務がキャリアとして認められにくいという特徴があります。

また派遣先の職場が、派遣薬剤師に「主任」「マネージャー」といったマネジメント業務を任せることはほとんどありません。

調剤業務を淡々と繰り返すなど単調な業務を与えられることも多いため、「仕事内容が限定されている」「責任ある立場にはなれない」と感じるケースも多いようです。

派遣でキャリアアップすることは難しいと言えるため、将来的に管理薬剤師・薬局長などのポジションを狙っているのであれば、正社員として働くことをおすすめします。

【補足】解消できないデメリットは割り切ることも大切

ここまで5つのデメリットについて解説してきましたが、解消できないデメリットは、割り切ることも大切です。

というのも、派遣薬剤師のデメリットの中にはどうしても解消しにくいものもあるからです。

たとえば、「キャリアアップできない」「安定性に欠ける」といった、派遣という働き方自体のデメリットは解消することが難しいでしょう。

もし、抱えている問題が「派遣という働き方自体のデメリット」であるならば、仕方がないと割り切ることも考えてください。

派遣薬剤師に向いているのはこんな人!

派遣薬剤師に向いているのはこんな人!

ここまで、派遣薬剤師のメリット・デメリットを説明しました。

一長一短があるので「派遣薬剤師として勤務するか迷う」という方も多いでしょう。

そこで、ここではメリット・デメリットを踏まえたうえで、どのような人が派遣薬剤師に向いているのかまとめました。

向いている人
  • 高時給で稼ぎたい人
  • 自分のリズムで働きたい人
  • いろいろな職場を経験したい人
  • 定期的に人間関係をリフレッシュしたい人
向いていない人
  • 調剤未経験の人
  • 長期間ブランクがある人
  • キャリアアップを目指す人
  • 環境の変化が苦手な人
  • 生活の安定性を重視する人

高時給で効率良く収入を得られる「派遣薬剤師」ですが、忙しい職場が多く、業務に関しては負担が大きい可能性が高いです。

そのため、スキルに自信がない方や、ブランクがある場合は「パート」、キャリアアップや安定性を重視する場合は「正社員」としての勤務を考えた方が良いでしょう。

とはいえ、派遣薬剤師が、いろいろな職場を体験できたり、自分のリズムで効率的に稼げることは事実です。

「高時給で、効率的に稼ぎたい」と感じている方は、ぜひ派遣薬剤師として勤務することを検討してみてはいかがでしょうか。

デメリット解消も可能!派遣会社選びのポイント

デメリットを対策!派遣会社選びのポイント!

派遣薬剤師として、スムーズに働くためには、派遣会社選びが重要です。

信頼できる派遣会社を選ぶことで、入職後の不要なトラブルを避けられ、派遣先のミスマッチを防止できます。

また、「仕事が途切れる可能性がある」というデメリットも、多くの案件を保有する派遣会社を選ぶことで、対策可能です。

ここからは、派遣会社選びにおいて重要な5つのポイントを解説していきます。

派遣会社選びにおいて重要なポイント

ポイント1.実績が豊富な「大手の派遣会社」を選ぶ

実績が豊富な「大手の派遣会社」を選べば、入職後に何らかのトラブルが生じた際に安心です。

実績が豊富な大手の派遣会社は、派遣先との交渉に慣れており、問題やトラブルが発生した際もスムーズに解決できる可能性が高いからです

たとえば、「派遣先から契約条件にない残業をして欲しいと言われて困っている」といった場合、交渉力が高ければ、派遣会社が直接職場へ労働環境の改善を依頼してくれます。

派遣会社を選ぶ際は、各種の交渉について経験値が高く、実績の多い大手の派遣会社を選ぶと良いでしょう。

記事後半「派遣求人探しにおすすめの薬剤師派遣会社」では、数ある派遣会社のなかから厳選した3社を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ポイント2.保有求人数が多い派遣会社を選ぶ

派遣会社を選ぶ際、保有求人数は重要なポイントになります。

派遣薬剤師は有期契約であるため、派遣先との契約が満了すると別の派遣先を探す必要があります。

そのため、雇用主である派遣会社の求人数が少ない場合、限られた求人から妥協をして選ぶか、希望に合った求人が出るまで待たなければなりません。

派遣求人を多く保有している派遣会社を選んでおけば、さまざまな選択肢の中から希望に合う求人にすぐに応募できます。

最初の派遣先だけでなく次の派遣先のことも考えて、保有求人数が多い派遣会社を選びましょう。

たとえば、本記事でご紹介している「ファルマスタッフ」では約1,300件、「お仕事ラボ」では約900件の派遣求人を保有しています。(2022年4月時点)

ポイント3.教育制度・福利厚生が整っている派遣会社を選ぶ

派遣会社を選ぶ際は、教育制度や福利厚生の確認が重要です。

多くの派遣会社では「eラーニング」「各種研修」といった教育制度を設けてますが、どのような教育を受けられるかは会社によって異なります。

そのため、自分が登録する派遣会社の教育体制をよく確認しておくことが大切です。

特に、派遣として初めて働く場合は教育制度をよく確認しましょう。

また、派遣薬剤師が受けられる福利厚生は、雇用主である派遣会社の制度となります。

各種保険の有無・産休や育休の有無などは必ずチェックしておきましょう。

ファルマスタッフは教育制度が充実

派遣会社のひとつである「ファルマスタッフ」では、大手薬局・日本調剤のノウハウを生かした教育サービスを受けられます。

ファルマスタッフの教育サービス

  • スキルアップ講座を開催
  • ファーマシーセミナーを開催
  • お薬Q&Aを設置
  • 毎年発行する無料調剤テキストを提供

(引用:派遣の薬剤師として働く|ファルマスタッフ

手厚い教育制度を受けられるので、初めてでも安心して利用できるでしょう。

初めて派遣で働く方や、教育制度を重視したい場合は、ぜひファルマスタッフを利用してみてください。

ポイント4.派遣先の内部事情に詳しい派遣会社を選ぶ

派遣先の内部事情に詳しい派遣会社を選ぶことも、重要なポイントです。

多くの派遣会社では派遣先について教えてくれますが、保有している情報量は派遣会社によって大きく異なります

たとえば、求人票に記載されている内容しか把握していない会社もあれば、職場の雰囲気や人間関係など細かい部分まで把握している会社もあります。

派遣会社選びの際には、「コンサルタントが直接派遣会社を訪問している」など情報収集に積極的な会社を選ぶことが大切です。

ポイント5.入職後のサポートが手厚い派遣会社を選ぶ

派遣薬剤師として働くことに不安がある場合は、入職後のサポートが手厚い派遣会社を選ぶと良いでしょう。

サポートが手厚い派遣会社を選べば、悩みが生じた場合に親身になってくれるためです。

入社後に定期的に連絡をくれたり、悩み相談を受け付けていたりという会社も少なくありません。

また、「入職後の悩みは派遣先に直接相談すれば良いのでは?」と考える方も多いですが、派遣先と求職者は直接の雇用関係にありません。

雇用契約を結んでいるのは「派遣会社と求職者」であるため、悩みがあるときは派遣元である派遣会社への相談が不可欠です。

フォロー体制が整っていない会社を選んでしまうと、十分なサポートを受けられない可能性があるので、入職後のフォローの有無も確認しておきましょう。

派遣求人探しにおすすめの薬剤師派遣会社

派遣薬剤師として働く際には、信頼できる派遣会社を雇用主に選ぶことが大切です。

派遣薬剤師として働きたいなら、まずは気になる「薬剤師派遣会社(転職サイト)」に相談してみることをおすすめします。

薬剤師派遣会社に所属するアドバイザーは、いわば転職や就労支援のプロなので、派遣求人探しだけでなく、あなたのためになるアドバイスをしてくれるはずです。

ここからは、派遣薬剤師の求人探しにおすすめの薬剤師派遣会社を紹介するので、ぜひ利用してみてください。

サイト名おすすめの人
ファルマスタッフ
  • 1人で転職活動を進めるのが不安な人
  • 初めて転職する人
薬キャリ
  • スピーディーに転職したい人
  • 派遣に特化した情報を入手したい人
お仕事ラボ
  • 派遣先の事情をしっかり把握したい人
  • 就業後も親身にサポートしてもらいたい人

個人面談でじっくり相談に乗ってもらいたいなら「ファルマスタッフ」

ファルマスタッフ」は、大手薬局「日本調剤」のグループ企業が運営している転職サイトです。

日本調剤株式会社ならではのノウハウを活かした教育体制が充実しており、「初めて派遣薬剤師として働きたい」という方にもおすすめです。

また、ファルマスタッフは求人数が多く、派遣求人にも強みを持っているので、希望に合う派遣先が見つかりやすいでしょう。

「多くの求人を比較し、じっくり自分に合った派遣先を見つけたい」という方は、ぜひファルマスタッフを利用してみてください。

ファルマスタッフ|基本情報

運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

できるだけ早く求人を見つけたいなら「薬キャリ」

薬キャリ
(引用元
薬キャリ

薬キャリ」は、医療従事者を対象としたサービスを提供する「エムスリー」グループ企業が運営している転職サイトです。

薬キャリには、求人紹介のスピードが非常に早いという強みがあります。

登録後は、電話のやりとりだけで最短即日最大5件の派遣求人を紹介してくれるため、できるだけ早く派遣先を見つけたいという方にもおすすめです。

また、派遣担当のコンサルタントが、派遣に特化した情報を教えてくれるので、初めて派遣薬剤師として働く場合にも安心できるでしょう。

スピーディーに派遣求人を探したい方は、ぜひ薬キャリに登録してみてください。

薬キャリ|基本情報

運営会社エムスリーキャリア株式会社
公開求人数約40,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

就業後も親身なフォローを希望するなら「お仕事ラボ」

お仕事ラボ
(引用元
お仕事ラボ

お仕事ラボ」は、株式会社アイセイ薬局のグループ企業「株式会社AXIS」が運営している転職サイトです。

各職場の事情を把握している担当者が求職者の面談も行うワンストップ型の運用を行っており、マッチング率が高いことが大きな特徴と言えます。

担当者が、あなたの希望条件の細部までヒアリングしてくれるため、希望にあった派遣先が見つかる可能性が高いでしょう。

また、就労後も気軽に相談に乗ってくれるので、初めて派遣として働く方にもおすすめです。

派遣薬剤師として安定して働きたいという方は、ぜひ一度相談してみてください。

お仕事ラボ|基本情報

運営会社株式会社AXIS
公開求人数約31,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

薬剤師派遣求人探しのコツ

【失敗しない】薬剤師派遣求人探しのコツ

「業務についていけない」「派遣先の雰囲気が合わない」といった失敗を防ぐためには、求人を吟味して選ぶことが大切です。

ここでは、薬剤師派遣求人探しのコツを4つご紹介します。

薬剤師派遣求人探しのコツ

コツ1.初めての場合は「未経験可」の求人を選ぶ

「未経験可」の求人であれば、即戦力として期待されている可能性は低いため、派遣に慣れていない人でも採用の可能性があります。

さらに、未経験の派遣を積極的に受け入れている職場では、派遣向けのマニュアルなどが用意されていることも多いです。

未経験OKの職場を選び、「調剤未経験だけど、一から教えてもらえて助かった」「調剤業務にすぐに慣れることができた」という方も多くいます。

派遣薬剤師として働くことに対し、不安に感じている方は「未経験可」「未経験歓迎」の求人を優先的にチェックしてみてください。

未経験可の求人の探し方

ファルマスタッフ」など多くの転職サイトでは、求人検索の際に「未経験可」といった条件を設定できます。

効率良く求人を探せるので、ぜひ試してみてください。

コツ2.派遣の受け入れ実績がある職場を選ぶ

派遣薬剤師として働くことに不安がある場合は、派遣の受け入れ実績がある職場を選びましょう。

派遣の受け入れ実績がある職場は、派遣薬剤師の扱いに慣れており、フォロー体制が整っているケースが多いです。

実際に「派遣薬剤師としての勤務が初めてだったけど、一から業務サポートしてもらえて助かった」という人も多くいます。

なお、派遣受け入れ実績については、以下のように記載されていることも多いので、求人をよく確認してみてください。

※求人情報を一部抜粋
(引用元
ファルマスタッフ|2020年12月時点

もしも派遣受け入れ実績のある職場を自力で探せない場合は、派遣会社へ相談することもひとつの手段です。

コツ3.派遣先の下見を行う

ミスマッチを防ぐためには、事前に派遣先の下見をすることをおすすめします。

というのも、中には派遣薬剤師への態度や扱いが悪い職場もあるからです。

「必要以上に仕事をさせられる」「必要な指示を出してもらえない」といった扱いを受けることも少なくありません。

また、実際に勤務してみると、「人間関係が悪い」「雰囲気が合わない」といった問題が生じる可能性もあります。

実際の職場に足を運ぶことで生の雰囲気を感じられるため、「想像と違った」「派遣薬剤師の扱いが悪い」といった失敗も防げます。

派遣先でイキイキと働くためにも、できるだけ下見を行いましょう。

管理薬剤師との相性も確認しておこう

下見をする場合は「派遣先の管理薬剤師」とも顔を合わせ、相性が合いそうか確認しておきましょう。

指示を行う管理薬剤師と相性が悪い場合、円滑に業務を進めにくくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

コツ4.薬剤師派遣会社(転職サイト)に相談する

自分に合う求人をスムーズに見つけるためには、薬剤師派遣会社(転職サイト)のサポートを最大限に活用することをおすすめします。

薬剤師派遣会社(転職サイト)では、求人紹介はもちろん、以下のような手厚いサポートを受けられるため、効率的に働き始められます。

薬剤師派遣会社(転職サイト)のサポート

  • 求人紹介
  • 派遣先の情報提供
  • 面接対策などのサポート
  • 入職後のトラブル対応などのアフターフォロー

派遣薬剤師の職場選びでは、派遣先の情報を収集することが重要ですが、個人でリサーチできる情報には限界があります。

対して、派遣会社のスタッフに相談すれば、求人票では分からない「派遣会社のフォロー体制」や「派遣先の雰囲気」などの情報を入手することも可能です。

薬剤師派遣会社(転職サイト)を利用すれば、手厚い支援を受けられるので、まずは気軽に相談してみましょう。

派遣薬剤師に関するQ&A

派遣薬剤師に関するQ&A

最後に、派遣の働き方に関するQ&Aをまとめました。

派遣薬剤師として働きたい方は、参考にしてみてください。

派遣薬剤師に関するQ&A

Q1.派遣先の正社員になることは可能?

回答

正社員登用制度がある職場であれば、派遣から正社員を目指すことも不可能ではありません。

派遣薬剤師として働いたのちに派遣先の正社員になりたい場合、「紹介予定派遣」の利用をおすすめします。

紹介予定派遣とは、派遣期間終了後、派遣先企業との合意のもと、正社員として働くことを前提とした働き方のことです。

紹介予定派遣であれば、一定期間派遣薬剤師として働いた後で、直接雇用に切り替えることも可能です。

派遣を経て正社員になりたい場合は、紹介予定派遣について派遣会社に相談してみると良いでしょう。

Q2.派遣薬剤師でも福利厚生はある?

回答

雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険等の福利厚生を受けることが可能です。

なお、派遣薬剤師の福利厚生は、派遣先の職場ではなく派遣元である派遣会社の規定に準じます。

福利厚生の詳細については、派遣会社に確認しましょう。

Q3.派遣薬剤師の一般的な労働期間は?

回答

2~3ヶ月が平均です。

1年以上同じ派遣先で働くケースもありますが、労働者派遣法では「派遣社員として同じ事業所で働けるのは原則3年まで」と決められています。(参考:派遣で働く皆様へ|厚生労働省

Q4.派遣先に多い職場は?

回答

調剤薬局が多いです。

参考までに、大手派遣会社である「ファルマスタッフ」の派遣先別求人数は、以下の通りです。

【ファルマスタッフ|派遣先別求人数】

派遣先求人数
調剤薬局1,168件
ドラッグストア86件
病院22件

※求人数は2022年4月時点

まとめ

派遣薬剤師として働きたいと考えているのであれば、以下のデメリットを押さえておきましょう。

派遣薬剤師のデメリット

  • 忙しい職場が多い
  • 正社員より年収が低くなる場合もある
  • 安定性に欠ける
  • 短期間で勤務先が変わる
  • キャリアアップが難しい

デメリットの中には、「キャリアアップできない」「短期間で勤務先が変わる」といった解消しにくいものもあります。

あなたの抱えている問題が「派遣という働き方自体のデメリット」ならば、仕方がないと割り切ることも大切です。

ただし、「安定性に欠ける(仕事が途切れる可能性がある)」というデメリットは、多くの案件を保有する派遣会社を選ぶことで対策を取ることも可能です。

以下の3社は、どれも派遣薬剤師の転職支援に強いので、ぜひ利用してみてください。

本記事で紹介した薬剤師派遣会社(転職サイト)

ファルマスタッフ
  • 初めて転職する人におすすめ
  • 教育体制が充実している
薬キャリ
  • 最短即日最大5件の派遣求人を紹介
  • スピーディーに転職したい人におすすめ
お仕事ラボ
  • 希望条件を細かくヒアリングしてくれる
  • アフターフォローも充実している

関連記事