国内・海外の高級ホテルでVIP待遇!SPGアメックスの特徴・付帯サービスを詳細解説(2022年2月24日にカード変更)

ナビナビ
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

2022-06-14

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(※)は、2022年2月24日に「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」に生まれ変わりました。
※正式名称:スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
※現在SPGアメックスをお持ちの方は、2月24日よりサービス変更、カードの有効期限が切れる際にカード自体も切り替わります。

アメックスよりもさらにグレードアップした特典が魅力のカードとなっていますので、ぜひご確認ください。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード お得なキャンペーン実施中!

  • 最大39,000ポイントプレゼント!

    • ご入会後3ヶ月以内に30万円のカードご利用で30,000ポイントプレゼント!
    • 30万円のカード利用で獲得できる利用ポイント9,000ポイントプレゼント!

    【対象期間】2022年4月26日(火)~終了日未定

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
年会費初年度:49,500円(税込)
2年目以降:49,500円(税込)
ポイント還元率3.0%~6.0%
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePay
発行スピード2週間程度
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)1.0~2.0%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名Marriott Bonvoyポイント

注目ポイント

  • 条件達成で無料宿泊特典プレゼント!
  • Marriott Bonvoy「ゴールドエリート」会員資格が付与される!
  • 家族カードの年会費が1枚無料!
  • 毎年継続のたびに15泊の宿泊実績プレゼント!
  • ポイントを使って宿泊券やマイルに交換可能!
新規入会&カード利用で最大39,000ポイントプレゼント!
公式サイトへ

同じ日に、下位互換である「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード」も新登場していますので、こちらもぜひご確認ください。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード お得なキャンペーン実施中!

  • 最大16,000ポイントプレゼント!

    • 入会後3ヶ月以内に30万円のカード利用で10,000ポイントプレゼント!
    • 30万円のカード利用で獲得できる利用ポイント6,000ポイントプレゼント!
    • 【対象期間】2022年4月26日(火)~終了日未定

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード
年会費初年度:23,100円(税込)
2年目以降:23,100円(税込)
ポイント還元率2.0%~4.0%
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePay
発行スピード2週間程度
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.6%~1.3%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名Marriott Bonvoyポイント

注目ポイント

  • 条件達成で無料宿泊特典プレゼント!
  • Marriott Bonvoy「シルバーエリート」会員資格が付与される!
  • 家族カードの年会費が1枚無料!
  • 毎年継続のたびに5泊の宿泊実績プレゼント!
  • ポイントを使って宿泊券やマイルに交換可能!
新規入会&カード利用で最大16,000ポイントプレゼント!
公式サイトへ

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード、通称「SPGアメックス」は、

  • 海外・国内問わず旅行好きな人
  • 出張が多い人

から特に支持されているカードです。
世界最大級のホテルブランド「マリオット・インターナショナル」の系列ホテルで利用すると、特典として様々なVIP待遇を受けることが出来ます。

持っていると、いつもの旅行が更にお得に・リッチになるSPGアメックスカードへ、スペックが自分に合っているなら入会したい、という方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、SPGアメックスならではのお得な優待特典をはじめ、メリット・デメリットを詳しく解説していきます。

アメックスゴールドとの違いもご紹介するので、最後までチェックすればご自身に適したカードか判断できるようになるはずです。

岩田昭男

岩田昭男 / 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。
【専門家の解説】

さまざまなホテルが提携クレジットカードを発行していますが、普及しているとは言い難い状況です。
そんな中、「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」(SPGアメックス)はマイルへの移行がしやすく、更新時に無料の宿泊特典がもらえるとあって人気を集めています。
無料宿泊特典の利用先は時期によって異なりますが、通常期で「軽井沢マリオットホテル」「ウェスティン都ホテル京都」、オフピークで「ウェスティンホテル東京」「ザ・リッツ・カールトン日光」といった高級ホテルに宿泊できます。

無料宿泊特典がもらえるホテル提携カードには、同じくアメックス発行の「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード 」(年会費:1万6500円)と「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」(年会費:6万6000円)があります。
前者は前年150万円以上の利用で1泊無料宿泊特典、後者は更新時に無条件で1泊目、さらに前年300万円以上の利用で2泊目の無料宿泊特典がもらえます。
SPGアメックスは、年会費も無料宿泊特典の難易度も、ちょうど2種類のヒルトンカードの間ぐらいに位置すると考えればいいでしょう。

「SPGアメックス」と「ヒルトン・オナーズ アメックス」では利用できるホテルは異なりますが、単に高級ホテルで利用できる無料宿泊券を獲得したいなら、年会費とカード利用金額を考えつつ決めるといいと思います。
年間150万円カード利用するなら「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード 」、条件なしで無料宿泊特典がほしいなら「SPGアメックス」、家族カード(3枚無料)との合算で年間300万円以上カード利用するなら「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」といった感じです。

スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
年会費初年度:34,100円(税込)
2年目以降:34,100円(税込)
ポイント還元率1~3%
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePaysuicapasmoedy
発行スピード2週間程度
限度額最高500万円
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)1.00%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名Marriott Bonvoyポイント

注目ポイント

  • 【入会特典】条件クリアで30,000ポイント!
  • 毎年の継続更新時に無料宿泊特典がもらえる!
  • 系列ホテル内のカード利用で15%オフ&ポイント10%還元
  • ポイントを使って宿泊券やマイルに交換可能
  • 入会者にMarriott Bonvoyのゴールド会員資格付与
岩田昭男さん
岩田昭男さん

消費生活ジャーナリスト
株式会社岩田昭男事務所

1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動する。

主力はクレジットカード&電子マネーの研究で、すでに30年間に渡って業界の定点観測をしている。

主な著書としては、

「Suica一人勝ちの秘密」(中経出版・現カドカワ)
「信用格差社会」(東洋経済新報社)
「信用偏差値」(文春新書)
「クレジットカード・サバイバル戦争」(ダイヤモンド社)
「ドコモが銀行になる日」(PHP)
「キャッシュレス覇権戦争」(NHK出版)
また、クレジットカードのムックも50冊以上監修しキャッシュレスの生き字引として情報発信を続けている。

ウエブは、「岩田昭男の上級カード道場」、まぐまぐでメルマガを毎月二回発行。

2021年からYouTubeチャンネル「岩田昭男のキャッシュレス道場」オープン。

趣味は「猫」と「キートン」

目次

「SPG」とは?SPGアメックスの成り立ちを解説

「Vacation」と表示されたパソコン画面の前でカードを持つ手

SPGアメックスは、「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」の略称です。

スペックや付帯サービスを見ていく前に、まずはSPGアメックスの成り立ちや基本のスペックを確認しておきましょう。

世界最大の高級ホテルグループの提携カード

SPGとは「スターウッド プリファード ゲスト」という高級ホテルグループのことです。アメックスとSPGが提携して発行しているカードがSPGアメックスで、日本では2013年からサービスがスタートしました。

SPGは2018年8月に大手ホテルグループ「マリオット」および「リッツ・カールトン」と統合。
そして、2019年2月13日からは「マリオットボンヴォイ」という1つの会員プログラムに統一されました。

世界的に有名な3つのホテルグループが統合されたことにより、

  • 日本国内だと、北海道から沖縄まで60軒以上
  • さらに世界127ヵ国以上にある6700軒以上のホテル(29ブランド)

が利用可能に。
つまり、SPGアメックスは世界最大のホテルグループの提携カードなのです。

米国版SPGアメックスは新ブランドに変更

マリオットボンヴォイに統合されたことで、米国版のSPGアメックスは「マリオット ボンヴォイ アメックスカード」に名称が変更されました。

そのため、日本版でも名称変更が予想されましたが、現時点(2020年12月)では、当面現行のまま継続されることがマリオット ボンヴォイの公式サイトに記載されています。

国内・海外問わず旅行好きな方がお得に使えるトラベル系カード

SPGアメックスは、旅行が好きな人にとって特に便利でお得なトラベル系カードです。
詳細は後述しますが、世界最大のホテルグループとの提携カードならではの特典が満載なので、頻繁に海外旅行に行く方にはもちろん、日本国内でお得に豪華な旅行を楽しみたい方にもおすすめしたい1枚となっています。

反対に、旅行に行く機会はほとんどないという方は持て余してしまうかもしれません。

次章では、SPGアメックスの年会費と入会難易度をチェックしましょう。

SPGアメックスの年会費と気になる入会難易度をチェック

SPGアメックスの年会費や申込資格は下記のとおりです。

クレジットカードとスマホを見る女性

年会費は34,100円(税込)

SPGアメックスの年会費は34,100円(税込)です。

カードフェイスは深みのあるえんじ色ですが、仕様はゴールドカードなので年会費もそれなりの金額が設定されています。

とはいえ、付帯サービスやステータス性の高いアメックスブランドであることを考えると妥当と言えるでしょう。

家族カードの年会費は17,050円(税込)

SPGアメックスの家族カードは、1枚あたり年会費17,050円(税込)で発行できます。本カードの半額でSPGアメックスを保有でき、利用分のポイントは本カードに合算できるところはメリットです。

ただし、家族カードには後述するゴールドエリート会員特典が付帯しないので注意してください。

20歳以上で定職のある人が申込可能

SPGアメックスの申込資格は、「満20歳以上で定職のある人」となっています。定職に就いていることが条件ですので、労働日数・時間が不規則なパートやアルバイトの方は申込むことはできません

なお、自営業やフリーランスの方は申込可能です。専業主婦の方でも配偶者に安定収入があればOK。

公表されていないためは不明ですが、過去のクレジットカードの利用履歴に問題がなければ、高収入でなくても入会できる可能性があります。

ここまで、SPGアメックスの基本的な概要をお伝えしました。次章では、SPGアメックスの優待特典について詳しく見ていきましょう。

SPGアメックス最大の魅力は系列ホテル関連のお得・豪華な優待特典

フロントでクレジットカードを渡す女性が

SPGアメックスを保有する最大のメリットは、世界最大のホテルグループであるマリオットボンヴォイ関連の優待特典が充実しているところです。

具体的にチェックしていきましょう。

自動的にマリオットボンヴォイのゴールドエリート会員資格が付帯

SPGアメックスに入会すると、自動的にマリオットボンヴォイのゴールドエリート会員の資格が付与されます。
マリオットボンヴォイの会員ランクは6段階。ランクは年間の宿泊日数によって設定されます。

通常、ゴールドエリート会員になるには系列ホテルに年間25泊以上する必要がありますが、SPGアメックスを持てば無条件でゴールドエリート会員向けの優待特典が利用可能です。

マリオットボンヴォイの系列ホテルは、日本国内に60軒以上、世界127カ国に6,700軒以上あり、行く先々でワンランク上のサービスが受けられるので大変お得となっています。

国内の主なマリオットボンヴォイ参加ホテル

  • ウェスティン ルスツリゾート(北海道)
  • ザ・リッツ・カールトン東京(東京都)
  • 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ(横浜)
  • ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪府)
  • ザ・リッツ・カールトン京都(京都府) など

海外の主なマリオットボンヴォイ参加ホテル

  • Bulgari Resort Bali
  • W New York - Times Square
  • Bankside(ロンドン)
  • Cologne Marriott Hotel(ケルン) など

レイトチェックアウトや客室のアップグレードが可能

マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員になると、チェックアウト時間を延長できるレイトチェックアウトや、客室のアップグレードに対応してもらえます。

一般的なホテルのチェックアウト時間は10〜11時ですが、ゴールドエリート会員なら空室であれば14時まで延長可能に
通常より3〜4時間長くなるので、朝食後にのんびり過ごしたり、近隣を観光したりすることも可能です。

また、予約した客室より高ランクの部屋にアップグレードできる特典も付帯しています。
上層階の眺めのいい部屋や、新規改装済みの部屋に追加料金なしで変更できるのは大きなメリットです。

ウェルカムギフトとしてボーナスポイントが付与される

ゴールドエリート会員が宿泊先のホテルに着くと、ウェルカムギフトとして250〜500ポイントがもらえます。

付与されるポイント数はホテルによって異なりますが、到着するだけでポイントがもらえるので、旅行に行けば行くほど効率的にポイントを貯めることが可能です。

2,800ヶ所以上の提携レストラン&バーの代金が15%オフに

日本を含むアジア太平洋地域にある、特典参加ホテル内のレストラン&バーでのカード利用で飲食代金が15%割引になる特典もあります。利用できる店舗数は2800ヶ所以上。

飲食代金が5%くらい割引になるクレカ特典はよく目にしますが、15%も安くなるのは珍しいです。
旅行の際に意識的に対象店舗を利用すれば、すぐに数千〜万単位でお得になるのではないでしょうか。

カードを継続すると無料宿泊特典がもらえる

さらに、SPGアメックスを継続すると、マリオットボンヴォイ参加ホテルの無料宿泊特典がもらえます。

一般的なクレジットカードの継続特典としてはボーナスポイントが付与されるケースが多いですが、SPGアメックスは高級ホテルに無料で泊まることができるのです。

1泊につき50,000マリオットボンヴォイポイントまでという制限はありますが、1泊1室2名までOKなのでパートナーや友人を招くことが可能

こうした特典の対象外になることが多い祝日や大きなイベント期間中でも、空室があれば特典は利用できます。

無料宿泊特典だけでなく、貯めたポイントを有利なレートでマイルに移行できるのも魅力です。しかも6万ポイントごとに1万5000のボーナスポイントがつきます。移行先はJAL、ANAを含めた40の航空会社。無料宿泊券と特典航空券の両方を手に入れたい人に最適なカードです。


専門家のアドバイス

スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
年会費初年度:34,100円(税込)
2年目以降:34,100円(税込)
ポイント還元率1~3%
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePaysuicapasmoedy
発行スピード2週間程度
限度額最高500万円
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)1.00%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名Marriott Bonvoyポイント

注目ポイント

  • 【入会特典】条件クリアで30,000ポイント!
  • 毎年の継続更新時に無料宿泊特典がもらえる!
  • 系列ホテル内のカード利用で15%オフ&ポイント10%還元
  • ポイントを使って宿泊券やマイルに交換可能
  • 入会者にMarriott Bonvoyのゴールド会員資格付与

マリオットボンヴォイ関連の主な優待特典をチェックしたところで、次章ではその他の付帯サービスについて解説していきます。

メリットは他にも!お得なポイント制度・付帯サービス

空港でクレジットカードとスーツケースを持ち微笑む女性

SPGアメックスのメリットは上記以外にも色々とあります。うまみが多いポイント制度や便利な付帯サービスをさらにチェックしていきましょう。

系列ホテルでカードを利用するとポイントが2倍に

マリオットボンヴォイ系列のホテルでSPGアメックスを利用すれば、通常の2倍のポイント(マリオットボンヴォイポイント)が付与されます。

日々の買い物などで通常得られるポイントは100円あたり3ポイントですが、系列ホテルなら6ポイントに。

宿泊代金の他、ホテルの直営レストランやオンラインショップの利用代金も対象となるため、旅行時はより効率的に貯められるでしょう。

貯めたポイントはマリオットボンヴォイ系列のホテルの無料宿泊特典に交換できます。

ゴールドエリート会員はさらにボーナスポイントも

さらにうれしいのは、ゴールドエリート会員だとボーナスポイントが追加で付与されるという点です。

系列ホテル宿泊時に付与されるポイントに加え、利用代金1米ドルごとに12.5ポイントがもらえます

これは通常会員より25%お得な特典となっており、SPGアメックスをマリオットボンヴォイ系列のホテルで使えば使うほど、どんどんポイントが貯まる仕組みになっているのです。

マイルの交換先は40社以上!還元率も高水準

SPGアメックスの利用で貯めたポイントは、国内外40社以上の航空会社のマイルに移行することが可能です。
日本人にとってはマイナーな海外の航空会社も含まれているため、海外旅行の際は重宝するでしょう。

交換レートは3ポイント=1マイル。これによる基本マイル還元率は1%ですが、1度に60,000ポイントを移行すればマイル還元率を1.25%に引き上げることができます

なぜならば、1回のマイル移行手続きで60,000ポイントを移行すると15,000ポイント付与される特典があるからです。

特典獲得の条件である60,000ポイントはSPGアメックスのカード利用額200万円に相当します。

そこへ15,000ポイントが上乗せされるので、200万円のカード利用で合計75,000ポイント獲得できることに。

75,000ポイント=25,000マイルですから、マイル還元率も1.25%と高水準になるというわけです。また、マイル移行手数料が無料というところもうれしいメリット。

海外旅行傷害保険の補償額は最高1億円

安心して旅行に行くために欠かせない海外旅行傷害保険も手厚く、補償額は最高1億円(死亡・後遺障害)です。

そのうち5000万円はカードを持っているだけで適用される自動付帯というところも良心的。カード会員の家族も最高1,000万円まで補償される家族特約も付帯しています。

さらに、飛行機をよく利用する方にうれしいのが「航空便遅延費用補償」です。これは、飛行機が遅延したことにより発生した損害費用をまかなってくれるというもので、2〜4万円まで補償してもらえます。

飛行機が大幅に遅れると、宿泊代や食事代のほか、衣類などの購入費用がかかることがあるので、こうした保険が付帯しているのは心強いです。

国内旅行保険も付帯!最高補償額は5,000万円で手厚くサポート

旅行は国内派という方は、もしもの時のためにクレジットカードに付帯する国内旅行保険の内容にも着目すると良いでしょう。

海外旅行保険に比べると、付帯されていることが少ない国内旅行保険ですが、アメックスには最高補償額5,000万円の国内旅行保険が利用付帯されています
また、家族カード会員の方も補償の対象となるため、ご家族のいらっしゃる方も安心して持てる1枚です。

多彩なアメックスの共通特典も利用可能

SPGアメックスにはアメックスブランドのカードに共通する特典も付帯しています。ゴールドカードと同等なので、たとえば以下のようなサービスが利用可能です。

  • 空港ラウンジの無料利用サービス
  • 帰国時のスーツケース無料宅配サービス 
  • 海外での日本語サービス「オーバーシーズアシスト」 

空港ラウンジサービスは、国内主要空港のほかハワイ・ホノルル国際空港の空港ラウンジが対象です。アメックスはトラベル系の特典が豊富なので、旅行がいっそう快適になるでしょう。

年会費の高さやホテルの選択肢が限られる点がデメリット

SPGアメックスの多彩なメリットをご紹介しましたが、年会費の高さやホテルの選択肢が限られるところはデメリットと言えます。

他社ですとゴールドランクのクレジットカードは年会費10,000円程度で保有が可能ですが、SPGアメックスは34,100円(税込)です。

飛行機を利用して旅行に頻繁に行く人なら元を取りやすいですが、そうでもないという方は割高に感じるでしょう。

また、特典を受けられるホテルがマリオットボンヴォイ系列に限られるため、「旅行にはよく行くけれど、色々なホテル・旅館に泊まりたい」という人にとっては不便に感じるかもしれません。

SPGアメックスの特徴やサービスをひと通り見てきました。最後の章では、他アメックスカードとの違いをチェックしましょう。

新登場のヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードとの違い

ホテルのフロントの風景

2021年3月9日、あのアメリカン・エキスプレス・カードから、旅行好きの方にとっては必見のクレジットカードが誕生しました。

その名も「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード」というカードで、名前の通り、ヒルトン系列のホテルでとてもお得に利用できる、年会費16,500円(税込)のカードです。

ここでは、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードの特徴やアメックスとの違いについて紹介します。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード お得なキャンペーン実施中!

  • 新規入会後3ヶ月以内のカード利用で最大16,000ポイントプレゼント!

    • 入会後3か月以内に30万円のカード利用で10,000ポイントプレゼント
    • 30万円のカードご利用で獲得できる通常ご利用ポイント6,000ポイントプレゼント

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード
年会費初年度:16,500円(税込)
2年目以降:16,500円(税込)
ポイント還元率公式サイト参照
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePaysuicaedy
発行スピード2週間程度
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

マイレージ還元率(最大)
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

注目ポイント

  • ご入会でヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスをご提供!
  • カードご利用&ご継続で1泊宿泊プレゼント!
  • 最短60秒審査がオンライン上で可能!
  • 条件クリアで最大16,000ポイント+無料宿泊券1泊分獲得可能
  • 対象ホテルやレストランで優待が受けられる!
新規入会で最大16,000ポイント
公式サイトへ

ヒルトン参加ホテルには、国内だとヒルトン〇〇系(東京、大阪、小田原リゾート&スパ等)やダブルツリーby〇〇系(ヒルトン那覇等)、海外(韓国のみ)だとコンラッドソウルやヒルトン釜山などのホテルがあり、ヒルトン会員だけの特別料金でお得に宿泊する特典などがあります。

特徴

  • 年会費16,500円(税込)
  • カード利用&継続でウィークエンド無料宿泊1泊分プレゼント
  • カード利用100円につき最大3ポイント貯まる
  • ゴールド会員資格自動付帯
  • 入会後6ヶ月以内のカード利用で最大25,000ポイント+無料宿泊券1泊分ゲット

ヒルトン会員であることが必須条件ではありますが、特典だけでなく日常でもポイント2倍など、基本スペックだけでも十分に満足できる1枚です。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードについてさらに知りたいという方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

さらにお得さを体験したい方はヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードもおすすめ

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カード お得なキャンペーン実施中!

  • 新規入会後3ヶ月以内のカード利用で最大39,000ポイントプレゼント!

    • 入会後3か月以内に30万円のカード利用で30,000ポイントプレゼント
    • 30万円のカードご利用で獲得できる通常ご利用ポイント9,000ポイントプレゼント

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カード
年会費初年度:66,000円(税込)
2年目以降:66,000円(税込)
ポイント還元率公式サイト参照
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePaysuicaedy
発行スピード2週間程度
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

マイレージ還元率(最大)
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

注目ポイント

  • ご入会でヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスをご提供!
  • カードご利用&ご継続で1泊宿泊プレゼント!
  • 最短60秒審査がオンライン上で可能!
  • 条件クリアで最大39,000ポイント+無料宿泊券2泊分獲得可能
  • 対象ホテルやレストランで優待が受けられる!
新規入会で最大39,000ポイント獲得可能
公式サイトへ

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードをさらにグレードアップさせた1枚です。

特徴

  • 年会費66,000円(税込)
  • 継続時1泊目宿泊プレゼント(無条件)&
    カード利用で2泊目宿泊プレゼント
    (前年度300万円以上の利用)
  • カード利用100円につき最大7ポイント貯まる
  • ゴールドステータス(無条件)/
    ダイヤモンドステータス
    (前年200万円以上の利用)
  • 入会後6ヶ月以内のカード利用で最大75,000ポイント+無料宿泊券2泊分ゲット

よりラグジュアリーな旅行を楽しみたい方には見逃せないクレジットカードです。
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードと同様で、ヒルトンの会員登録が必須な点には注意しましょう。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードについてさらに知りたいという方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

SPGアメックスとは2枚持ちがおすすめ

「SPGアメックスもホテルでお得に利用できるのでは?」と思う方も多いのではないでしょうか。

ずばり、以下の世界トップクラスのホテルの上級会員資格を得ることができるため、SPGアメックスとは2枚持ちがおすすめです。

世界トップクラスの2ホテルの幅広い特典を利用することができるので、トラベル特典についてはこの組み合わせが最強と言っても過言ではありません。

どちらが自分向き?アメックス・ゴールド・カードとの違い

2つの「?」と女性

SPGアメックスはゴールドランクのカードなので、アメックス・ゴールド・カードと迷っている方もいるのではないでしょうか。

年会費はSPGアメックスが34,100円(税込)、アメックス・ゴールドは31,900円(税込)と大きな差はありません。

SPGアメックスが有利な点は、ご紹介した豊富なホテル系特典や、マイル還元率の高さです。

アメックス・ゴールドには特筆すべきホテル系特典はなく、マイル還元率は1.0%。マイルの交換先は15社とSPGアメックスより少ないです。

アメックス・ゴールドにはプライオリティ・パスが付帯

トラベル系の特典でアメックス・ゴールドのほうが優れているのは、プライオリティ・パスが付帯している点です。

通常99ドルのスタンダード会員の年会費が無料になり、通常32ドルかかるVIPラウンジを年2回まで無料で利用できます。

プライオリティ・パスの提携空港ラウンジは世界中に1,200ヶ所以上あるので、海外での移動の際や帰国時に重宝するでしょう。  

また、提携レストランのコース料理を2名以上で予約すると、うち1名分が無料になる「ゴールド・ダイニングby招待日和」も付帯しています。

対象店舗は国内外に200店あるので、接待や旅行先での食事に活用できそうです。

アメックス・ゴールドは幅広い特典を利用したい方に適し、SPGアメックスはホテル系・マイル系での優待を重視する方におすすめとなっています。

まとめ

SPGアメックスの特徴をおさらいしましょう。

  1. 年会費は34,100円(税込)で20歳以上の定職がある人が申込可能
  2. マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員資格が自動的に付帯
  3. レイトチェックアウトや客室のアップグレードが可能
  4. カードを継続するたびに無料宿泊特典がもらえる
  5. マイルの交換先は40社以上あり、マイル還元率は最大1.25% 

SPGアメックスはマリオットボンヴォイ関連のサービスが非常に手厚いトラベル系カードです。

積極的に活用すればポイントも貯まりやすく、マイル還元率も良好なので旅行によく行く方にとっては大変お得な仕様となっています。

高級ホテルでVIP待遇を受けたい方は、SPGアメックスへの入会を検討してみてはいかがでしょうか。

スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
年会費初年度:34,100円(税込)
2年目以降:34,100円(税込)
ポイント還元率1~3%
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePaysuicapasmoedy
発行スピード2週間程度
限度額最高500万円
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)1.00%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名Marriott Bonvoyポイント

注目ポイント

  • 【入会特典】条件クリアで30,000ポイント!
  • 毎年の継続更新時に無料宿泊特典がもらえる!
  • 系列ホテル内のカード利用で15%オフ&ポイント10%還元
  • ポイントを使って宿泊券やマイルに交換可能
  • 入会者にMarriott Bonvoyのゴールド会員資格付与

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの評判

「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」の評判としては、系列ホテルの利用における特典やポイント還元率について好評です。

他にも、アメックスならではステータスの高さや。国内外40社以上の航空会社のマイルに移行できることもメリットに感じているようです。

一方でユーザーが気になる点としては、年会費に関することや、デザイン面についての意見が多数あがっています。

ユーザーから好評な点

  • ポイントの期限が実質無期限(25歳男性/団体職員)
  • のホテルを利用すると様々な特典がある(32歳男性/自営業)
  • 普段のお買い物でキャッシュバックキャンペーンも多く、すぐにキャッシュバックされるのはすごいと思う。他社のような抽選で何名様に~。とかでなく、オファーが来たら、登録ボタン押した人全員対象。マリオット系に泊まるとポイントが倍増、貯まったポイントでマイルに交換、年会費更新でホテル1泊無料になるし、そのおかげで安く旅行に行けています(48歳女性/専業主婦)

ユーザーが気になっている点

  • 年会費。このサービス内容なら仕方ないのかもしれませんが、もう少し安い設定のプランがあって、選べるようになると有難いなぁと思います(49歳女性/自由業)
  • デザインがかっこ悪い。早く新しいデザインに刷新してほしいです(35歳男性/会社員)

スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの口コミ

発行した理由ポイントのためやすさ、ホテル1泊無料宿泊特典がついているため
主に利用する場面スーパーマーケットでの食料品や生活用品の購入、旅行宿泊代、飲食代の支払い
気に入っている点1年に1回、1泊分の無料宿泊ポイントがもらえること。カード発行時にマリオットヴォンボイのゴールド会員になれるためホテルのアップグレードやレイトチェックアウトなどの特典が利用できること。カードのポイントをいろいろな航空会社のマイルに交換できること。
より良くして欲しい点保有期間に応じて年会費を下げるなどがあると良い。保有ポイントを年会費に使えると良い。家族や友人にポイントを共有できると良いと思います。
利用している特典宿泊ホテルでのアップグレード、ホテルレストランのディスカウント
ポイントの使い道ホテルの宿泊。航空会社のマイルへの交換に使用しています。
その他なし
  • 満足度 4
  • ポイントの貯めやすさ 4
  • ポイントの使いやすさ 4
  • 付帯特典 4
  • デザイン 4
  • ステータス 4
  • 年会費への納得度 3
  • マイルの貯めやすさ 3
  • 保険・補償の手厚さ 3
  • 会員サイト・アプリの使いやすさ 3
  • セキュリティ性の高さ 3
発行した理由一流ホテルで使える無料宿泊特典に魅力を感じたからです。
主に利用する場面宿泊料金の支払い
気に入っている点カードを継続して持つだけで一流ホテルのマリオット インターナショナルに無料で宿泊できる特典がもらえます。この特典だけで年会費を払う価値があると思います。ポイントも結構貯まるので、まとまったポイントになった段階で無料宿泊特典に交換します。
より良くして欲しい点特に欠点は見当たらないです。特典を上手く活用できない場合は年会費が割高に感じることがあるので、その点だけ注意した方が良いです。
利用している特典無料宿泊特典
ポイントの使い道無料宿泊特典に交換
その他年々系列のホテルが増えており、特典対象の新しいホテルが追加されております。 大阪梅田にも開業予定の最上級ホテルがあるみたいなので、特典対象になる可能性もあると思いますので、利用の幅がますます広がるのでは?と思っております。
  • 満足度 4
  • ポイントの貯めやすさ 5
  • ポイントの使いやすさ 4
  • 付帯特典 4
  • デザイン 4
  • ステータス 4
  • 年会費への納得度 5
  • マイルの貯めやすさ 4
  • 保険・補償の手厚さ 3
  • 会員サイト・アプリの使いやすさ 4
  • セキュリティ性の高さ 4
発行した理由クレジットカードのポイントや特典を使い、旅行や観光をできるだけお得に楽しみたいと思ったとき、SPGアメックスなら特典として系列ホテルの一泊宿泊無料があるので、それとクレジットカード決済により貯まったポイントを駆使して格安で豪華な旅行へ行くことができると判明した為発行しました。
主に利用する場面あらゆる高額決済(ブランド物、車検代、家電製品など)、SPG関連の施設利用時、職場での経費使用時、タッチ決済でキャッシュバックキャンペーンを行っていたお店等
気に入っている点カード発行に至った理由でもある、系列ホテル一泊宿泊特典がある点が一番気に入ってます。このカードをメインに使ってポイントを貯めて宿泊料金に充当して特典と併用することにより、格安でお得に旅行が満喫できる点が気に入っております。
より良くして欲しい点分割払いにする場合、最低3回払いからになってしまう点です。2回までなら金利が発生しませんが、分割払いにすると必ず金利が発生してしまいます。2回払いにも対応してほしいです。
利用している特典タッチ決済時のキャッシュバックキャンペーン(ローソン、 ファミリーマート、セブンイレブン、イオンの食品売り場等)
ポイントの使い道ホテル宿泊費用への充当
その他上質なホテルへ何度も泊まりたくなる1枚です。
  • 満足度 3
  • ポイントの貯めやすさ 4
  • ポイントの使いやすさ 4
  • 付帯特典 3
  • デザイン 4
  • ステータス 4
  • 年会費への納得度 5
  • マイルの貯めやすさ 4
  • 保険・補償の手厚さ 4
  • 会員サイト・アプリの使いやすさ 4
  • セキュリティ性の高さ 4
発行した理由ゴージャスな特典が満載で、魅力を覚えたからです。
主に利用する場面レストラン、コンビニエンスストア、ホテルでの支払い
気に入っている点このクレジットカードならではの特徴として、チェーン展開しているブランドホテルへ宿泊する際、空室があれば、無料で泊まれるため、実質旅先では、食費や移動に掛かる費用等、最低限で済むのは、とても助かります。
より良くして欲しい点ホテル無料宿泊サービスが特典として付いてくるのは、とても嬉しいですが、スタンダードルームに限られるので、ワンランク上のお部屋が対象になると嬉しいです。
利用している特典ホテル無料宿泊サービス
ポイントの使い道マイルへ移行
その他スターウッドではなくマリオットに変えて良いのでは?
  • 満足度 4
  • ポイントの貯めやすさ 3
  • ポイントの使いやすさ 4
  • 付帯特典 5
  • デザイン 3
  • ステータス 5
  • 年会費への納得度 5
  • マイルの貯めやすさ 1
  • 保険・補償の手厚さ 3
  • 会員サイト・アプリの使いやすさ 4
  • セキュリティ性の高さ 3
発行した理由スターウッド会員であり、利便性を感じたから。
主に利用する場面マリオット系列の宿泊や旅行時の支払いなどが多いです。
気に入っている点更新時にグレードの高いホテルでも宿泊出来るサーティフィケイトを頂ける。年会費は高めだがその年会費を回収出来るほどのプレゼントなので毎年非常に楽しみにしております。また、マリオットでは飲食のポイントも付きますので嬉しいです。
より良くして欲しい点無料宿泊はポイント換算付与ですので、選べるホテルがある一定以下となってしまいます。ポイント数をもう少し上げるか、どこでも一泊などに変えてもらえると嬉しいです。
利用している特典無料宿泊
ポイントの使い道マリオット系列ホテルへの宿泊
その他特になしです
  • 満足度 4
  • ポイントの貯めやすさ 4
  • ポイントの使いやすさ 4
  • 付帯特典 3
  • デザイン 4
  • ステータス 5
  • 年会費への納得度 5
  • マイルの貯めやすさ 4
  • 保険・補償の手厚さ 3
  • 会員サイト・アプリの使いやすさ 3
  • セキュリティ性の高さ 5
発行した理由マリオットボンボイと連携でき、世界中のホテルをポイントで宿泊できるから。 また、飛行機のマイルにも変換できるから
主に利用する場面ネットショッピング 飲食店 公共料金
気に入っている点利用額等がアプリですぐに確認出来て見やすいです。またアプリの動きもスタイリッシュ。 一度不明点がありコールセンターに電話したら電話対応がものすごくよかった。 アメックスのポイントが毎月自動でマリオットのポイントに変わっていくのですが、マリオットポイントのサイトもとてもシンプルでみやすいです。
より良くして欲しい点年会費がもっと安くなってほしい。年会費以上のメリットがあり、ポイントで高級ホテルに泊まることができるが、もっと安かったら嬉しいです。
利用している特典まだ利用していませんが今後マリオット系列のホテルにポイントで泊まりに行きます
ポイントの使い道マリオット系列のホテルでの宿泊 航空マイルに変換
その他ポイントの利用用途を増やしてほしいです。
  • 満足度 4
  • ポイントの貯めやすさ 1
  • ポイントの使いやすさ 5
  • 付帯特典 5
  • デザイン 5
  • ステータス 3
  • 年会費への納得度 3
  • マイルの貯めやすさ 3
  • 保険・補償の手厚さ 5
  • 会員サイト・アプリの使いやすさ 5
  • セキュリティ性の高さ 3
発行した理由年に数回旅行をしていた時に、よく利用していたホテルが「シェラトンホテル」だった事でした。 その時に、「SPGアメリカンエキスプレスカード」の存在を知り、年会費や特典などを考慮した結果、 利用する事に至りました。
主に利用する場面ネットっショッピングです。
気に入っている点年会費が3万円以上と高い気がしますが、年に一度の無料宿泊特典をうまく利用すれば年会費以上の価値がありますので、 考え方により、実質、年会費はかからないと考えることが出来る点は素晴らしいです。 時期によって変動がありますが、グレードの高いホテルも宿泊可能に含みますので大変お得です。
より良くして欲しい点ポイントの利用用途がもっと増えればよいと感じます。また、欧米諸国と日本国内では利用可能な商品も別々なので、 日本国内でも欧米諸国で購入できる商品をポイント交換できるようにして欲しいと感じます。
利用している特典年に一回の無料宿泊特典。該当宿泊施設飲食店でのポイント率アップ特典。
ポイントの使い道独自の商品に変更。宿泊費用に変更。
その他会員情報誌の内容が充実しているのも楽しみの一つです
  • 満足度 3
  • ポイントの貯めやすさ 4
  • ポイントの使いやすさ 4
  • 付帯特典 3
  • デザイン 2
  • ステータス 4
  • 年会費への納得度 4
  • マイルの貯めやすさ 4
  • 保険・補償の手厚さ 4
  • 会員サイト・アプリの使いやすさ 4
  • セキュリティ性の高さ 4