どう攻略してやろうか?と ワクワクするほど高めの目標を

エイチーム  エンターテインメント事業本部
ゲームプランナー
K.N.

2010年4月 エイチーム新卒入社

みんなの熱意を
最大限に活かしきる

エイチームでの仕事の様子を聞かせてください

運営中のゲームタイトルのプロジェクトリーダーをしています。売上を最大化、及び末永くお客様から愛されるタイトルとなることを目標とし、中長期的な計画立案やマネジメント業務を行っております。

この目標を達成するために、日頃からメンバー全員に「お客様目線を欠かさないこと」「何のためにやるか?の意識」「妥協せずクオリティを追求する」という考え方を共有しています。いずれも多忙な業務に追われると疎かになりがちですが、この意識を失うと、品質も売上もじわじわと低下していきます。

またチームのモチベーション向上のために気をつけていることとして、『面白いもの』『お客様に喜んでいただけるもの』を自分たちは作っている、作らなければならない!という認識を持ってもらうようにしています。メンバーは皆、面白いゲームを作りたい!という熱意を持っているので、その熱意を最大限活かし、チーム・個人がより成長できるよう日々勤しんでいます。

組織を引っ張る勢いで
自分も成長していけたら

次に目指すべき姿・理想とする働き方は?

挑戦する企業、エイチームの社員として、その挑戦を成功させられるように成長を続けたいと考えています。
更にはその成長をもって、エイチームを更なる高みへ引っ張って行けるようになることが目指す姿です。

自分自身 かなり飽きっぽい性格なのですが エイチームでは継続して楽しく仕事をさせてもらっています その理由として 「面白い人、優秀な人が多い」「スピード感が早い」「業務・業態が多岐多様にわたる」「やるべきことがたくさんある」「出来ることがたくさんある」「成長が実感できる」などが挙げられます。

これを聞いて楽しそうだと思った人には、向いている会社だと思います。ハードそうだと思った人、鋭い!その通りです。その鋭さをエイチームで活かしてみませんか。

人が企業を
企業が人を育てている

エイチームに入社して気づいたこと・感じたことは?

人の成功を共に喜び、困っている人がいたら助けるといった事ができる、人間性が優れている人が非常に多いです。ベンチャー企業のイメージにありがちな人を蹴落として成果を出す…といった雰囲気はなく、みんなで協力して成果を出すという社風があります。そういった社風が優れた人間性を育てているのだと考えています。

またエイチームは掲げる目標が常に高く、それを成し遂げられるムードがあります。それは社員各々が目標の意味、意義を理解し、どうすれば出来るか?と真剣に向き合っているからです。高すぎる目標に対して、どう攻略してやろうか?とみんなでワクワクしている魅力的な会社です。

私が仕事をする上で、大事にしていることは大きく3つです。
まず「仕事はとりあえず引き受ける」。全ての仕事はチャンスだと思い全力で、必ず成功させるつもりで挑んでいます。
そして、「出来ないとは言わない」。難易度が高いミッションはありますが、どうすれば出来るかを前向きに考えれば活路が開かれることは多いです。
最後に、「健康であること」。幸せになるために働いているのに、自分も周りも不健康になっては、元も子もありません。気配り、思いやりを持って行動し、メンバー全員が心身ともに良い状態で目標達成できる方法を考えます。