経営方針 IR・ディスクロージャーポリシー 経営方針 IR・ディスクロージャーポリシー

IR・ディスクロージャーポリシー

IR方針

当社は、持続的成⻑及び中⻑期的な企業価値向上を実現するためには、株主・投資家との積極的且つ建設的な対話が必要不可⽋と考えております。
当社のIR活動は、代表取締役社長をトップとし、社長直轄である社長室をIR担当部署として、専任担当を設置しており、執行役員社長室長がIR責任者を務め、当社に対する理解を深めるための建設的な対話に努めています。具体的には年4回の決算説明会を開催し、代表取締役社長自らの⾔葉で株主・投資家の方々に現況、中長期的な方針を伝えているほか、証券会社主催のカンファレンスへの参加、投資家・アナリストの個別取材にも積極的に応じております。個⼈投資家に対しては別途年に1~2 回個⼈向け説明会を開催することで、当社に対する理解度向上に努めております。また、当社の株主構成のバランスをよりよくするため、海外投資家に対しても、IR 担当部署から積極的な対話を⼼がけております。

ディスクロージャーポリシー

  • ディスクロージャーの基本方針

    当社は、株主や投資家の皆様に適時適切な情報開示および説明責任を十分果たすことは上場企業の責務であり、コーポレートガバナンスの観点からも不可欠と考えています。したがいまして、当社は、透明性、公平性、継続性を基本に迅速な情報提供に努めます。金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠した情報の開示に努めるほか、当社の判断により当社を理解していただくために有効と思われる情報につきましても、タイムリーかつ積極的な情報開示に努めます。

  • 情報開示の方法

    東京証券取引所の定める適時開示規則に該当する情報は東京証券取引所が提供する「TDnet」に、有価証券報告書等は金融庁が提供する「EDINET」に登録・公開します。公開した情報は、原則として当社コーポレートサイト「株主・投資家情報」上に速やかに掲載することとしています。また、適時開示規則に該当しない情報についても、適時開示の趣旨を踏まえ、資料配布又は当社コーポレートサイト「株主・投資家情報」に公開することにより正確かつ公平に当該情報が投資家の皆様に伝達されるよう努めます。

  • 将来の見通しに関して

    当社では、当社が株式上場している東京証券取引所に提出する業績予想に加えて、その他の方法により、業績見通しに関する情報を提供する場合があります。また、ニュースリリース、決算説明会や投資家・アナリストミーティング等における質疑応答等には、計画、見通し、戦略等に関する情報が含まれる場合があります。それらの情報は、作成・回答時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者が合理的と判断したもので、リスクや不確実性を含んでいます。実際の業績は様々な要素により、これら見通しとは大きく異なる結果になりうることをご承知おきください。

  • 沈黙期間について

    当社は、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、決算(四半期決算)期末日の翌日から各決算発表日までを「沈黙期間」としております。この期間中は決算に関するコメントや質問への回答を差し控えさせていただくこととしております。ただし、沈黙期間であっても業績予想が大きく変動する見込みが生じた場合には、適時開示規則等に沿って、適宜、情報開示いたします。なお、この期間であっても、すでに公開されている情報に関するご質問については対応いたします。

  • 情報開示の体制

    当社は、会社の業務上必要な情報の取り扱いおよび管理に関する事項について、各種規程を制定し、運用しています。この規程をもとに必要に応じ、情報(個人情報等)、文書、情報システムの取り扱いに関する各種規程・要領・マニュアル等を定め、公正かつ適時・適切な情報開示を構築しています。また、当社の事業において、リスクが発生した際は、緊急対応を統括する会議体として取締役会にて情報に関わるリスクについても迅速な対応を行える体制を構築しています。さらに、各種規程等に基づき、当社における情報および情報システムの管理が適切に行われているかについては、内部監査室がモニタリングし必要に応じて指導・助言を行う体制を構築しているほか、活動の適正性については定期的な監査を行っています。なお、当社グループでは「内部者取引管理規程」を別途定めており、当社役職員等によるインサイダー取引について未然防止に努めています。